お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-13 16:40
ファジィ推論をキーワード及びその種類数に適用して得られる特徴を用いた悪性PDF検知法
加藤広野春田秀一郎笹瀬 巌慶大ICSS2016-54
抄録 (和) 近年,PDF (Portable Document Format) に悪意のあるJavaScriptのコードなどを組み込んだ悪性PDFが横行し,その検知が急務である.その検知法として悪性と良性の間でキーワードと呼ばれる内部構成要素の出現頻度の差異に着目した方式がある.この方式では学習データセット内のファイルに頻繁に含まれるキーワードの出現頻度を特徴として利用する.しかし,特徴として考慮されないキーワードのうち,悪性PDFの検知に有用な特徴となりうるものが存在する場合,そのようなキーワードを多く持つ悪性PDFを検知できない.そこで本論文では,従来方式において,特徴となるキーワードの多くは良性と悪性の両方に出現すると考え,悪性PDFと良性PDFに出現するキーワードの種類数の差分$c_sub$とファイルに出現する全キーワードの種類数$n_keyword$に着目することで,従来方式で考慮されなかったキーワードを考慮することを可能とし,さらに,この2つの特徴を個別の特徴として利用した場合,悪性PDFの検知性能が低減しうるため,2つの特徴にファジィ推論を適用して得られるスコアを特徴とすることで対処し,この特徴を従来方式の特徴と共に用いて悪性PDFを検知する方法を提案する.特性評価を行うために必要なパラメータを実験によって決定し,実データセットを用いた特性評価を行うことで,偽陽性および偽陰性を共に低減可能であることを示す. 
(英) Detecting malicious PDFs (Portable Document Format) is imperative. In several malicious PDF detection schemes, the scheme that focuses on the difference of internal components called "keyword" among malicious and legitimate is gathering attention. That scheme uses the number of occurrence of the keywords that appear frequently in files of the training dataset as features. However, since keywords which are not adopted as features are ignored, it might miss the useful keywords.
In this paper, we propose Malicious PDF Detection Scheme using Keywords Feature based on Fuzzy inference. By computer simulation with real dataset, we demonstrate our scheme can reduce both false positive and false negative.
キーワード (和) PDF / 機械学習 / ファジィ推論 / JavaScript / / / /  
(英) PDF / Machine Learning / Fuzzy Inference / JavaScript / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 522, ICSS2016-54, pp. 85-90, 2017年3月.
資料番号 ICSS2016-54 
発行日 2017-03-06 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICSS2016-54

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2017-03-13 - 2017-03-14 
開催地(和) 長崎県立大学シーボルト校 
開催地(英) University of Nagasaki 
テーマ(和) 情報通信システムセキュリティ,一般 
テーマ(英) System Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2017-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ファジィ推論をキーワード及びその種類数に適用して得られる特徴を用いた悪性PDF検知法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Malicious PDF Detection Scheme using Keywords Feature based on Fuzzy inference 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PDF / PDF  
キーワード(2)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(3)(和/英) ファジィ推論 / Fuzzy Inference  
キーワード(4)(和/英) JavaScript / JavaScript  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 広野 / Hiroya Kato / カトウ ヒロヤ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 春田 秀一郎 / Shuichiro Haruta / ハルタ シュウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹瀬 巌 / Iwao Sasase / ササセ イワオ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-13 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2016-54 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.522 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2017-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会