電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-11 14:20
視覚障がい者のための単独歩行支援システム
西切充樹松本哲也名大)・竹内義則大同大)・工藤博章大西 昇名大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 視覚障がい者が屋外を歩行する際には,視覚から情報を得ることが出来ないため,周囲情報の取得,位置情報の把握・移動等において多くの問題に遭遇している.そこで本研究では,視覚障がい者の単独歩行を支援する統合的なナビゲーションシステムを提案する.システムには,ルート案内機能,横断歩道検出機能,歩行者信号検出機能,目的地となる建物の入口検出機能の4つの機能で構成されている.各機能について,システムの有効性を確認するため,検出実験を行った.横断歩道検出実験では,適合率0.77,再現率0.65が得られ,歩行者信号検出実験では,2車線以内の距離において,適合率0.83,再現率0.76が得られた.さらに,視覚障がい者の使用を想定した,目隠しでのシステム利用実験を行い,結果と課題を得た. 
(英) When visually impaired people walk outside, they often encounter many challenges, such as acquiring information on the surrounding environment, recognizing their current location and even walking along the way. We propose a navigation and guidance system for the visually impaired integrating all the fundamental functions needed to support independent walking. It provides functions of route guidance and adjustment, zebra-crossing detection and guidance, pedestrian traffic signal detection and color identification, and entrance localization of the destination building. We conducted three experiments: zebra-crossing detection, pedestrian traffic signal detection, and entrance of a building's door detection. In the experiment that detected a zebra-crossing, the precision ratio was 0.77, and the recall ratio was 0.65. In the experiment that detected a pedestrian traffic signal, the precision ratio was 0.83, and the recall ratio was 0.76.
キーワード (和) 視覚障害者 / 歩行ナビゲーション / ルート案内 / 横断歩道 / コンパス / 信号認識 / 入口認識 /  
(英) Visually impaired / Navigation / Compass / Zebra-crossing / Walk light recognition / Entrance detection / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 519, WIT2016-90, pp. 123-128, 2017年3月.
資料番号 WIT2016-90 
発行日 2017-03-03 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2017-03-10 - 2017-03-11 
開催地(和) 筑波技術大学・春日キャンパス 
開催地(英) Tsukuba University of Technology (Kasuga Campus) 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英) Hearing / Visually impaired person support technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2017-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚障がい者のための単独歩行支援システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) System Supporting Independent Walking of the Visually Impaired 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障害者 / Visually impaired  
キーワード(2)(和/英) 歩行ナビゲーション / Navigation  
キーワード(3)(和/英) ルート案内 / Compass  
キーワード(4)(和/英) 横断歩道 / Zebra-crossing  
キーワード(5)(和/英) コンパス / Walk light recognition  
キーワード(6)(和/英) 信号認識 / Entrance detection  
キーワード(7)(和/英) 入口認識 /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西切 充樹 / Nishikiri Mitsuki / ニシキリ ミツキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 哲也 / Matsumoto Tetsuya / マツモト テツヤ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 義則 / Takeuchi Yoshinori / タケウチ ヨシノリ
第3著者 所属(和/英) 大同大学 (略称: 大同大)
Daido University (略称: Daido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 博章 / Kudo Hiroaki / クドウ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 昇 / Ohnishi Noboru / オオニシ ノボル
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-11 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2016-90 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.519 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2017-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会