電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-11 15:00
独居高齢者のための遠隔家族間回想法コミュニケーションシステム
畠 真之松本哲也名大)・竹内義則大同大)・工藤博章大西 昇名大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 独居高齢者と家族の間のコミュニケーション機会の増加や認知症予防として,回想法を使用する.回想法を進行するものは,一般に熟練者が望ましいが,これには経験を要する.本研究では,回想法の経験がない家族が,継続して回想法を行う際の支援の枠組みを提案する.提案システムは遠隔地会議システムの構成をベースとしている.高齢者の音声情報を利用して,高齢者の感情と回想の深さの推定を行う.この推定処理に基づいて,次回の回想法を行う際の題材について,実施者に候補を提示する.感情推定実験の結果、平均認識率67%を達成した.回想度推定実験の結果,被験者の主観と推定した回想度について平均0.65の相関を得た. 
(英) We use reminiscence therapy (RT) for an elderly people living alone to increase a chance to have a conversation and to prevent dementia. In general, it is desirable to play a role of a facilitator by an expert. In this research, we propose a system which makes elderly's family are not familiar with RT to facilitate RT sessions continuously. Proposed system is based on a video conference system. In the RT session, this system identifies elderly's emotion and estimates depths of reminiscence from speeches of an elderly. In the experiment of identifying emotion, we achieved 67% of recognition on the average. In the experiment of estimating depths of reminiscence, we obtained 0.65 of correlation coefficient between estimated values and subjective scale values.
キーワード (和) 回想法 / 高齢者 / 遠隔コミュニケーション / 感情推定 / / / /  
(英) Reminiscence therapy / Elderly / Telecommunication / Emotion estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 519, WIT2016-91, pp. 129-134, 2017年3月.
資料番号 WIT2016-91 
発行日 2017-03-03 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2017-03-10 - 2017-03-11 
開催地(和) 筑波技術大学・春日キャンパス 
開催地(英) Tsukuba University of Technology (Kasuga Campus) 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英) Hearing / Visually impaired person support technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2017-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 独居高齢者のための遠隔家族間回想法コミュニケーションシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reminiscence Therapy Based Communication System Between Elderly Person Living Alone and his/her Family 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 回想法 / Reminiscence therapy  
キーワード(2)(和/英) 高齢者 / Elderly  
キーワード(3)(和/英) 遠隔コミュニケーション / Telecommunication  
キーワード(4)(和/英) 感情推定 / Emotion estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 畠 真之 / Masashi Hata / ハタ マサシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 哲也 / Tetuya Matumoto / マツモト テツヤ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 義則 / Yoshinori Takeuti / タケウチ ヨシノリ
第3著者 所属(和/英) 大同大学 (略称: 大同大)
Dido University (略称: Daido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 博章 / Hiroaki Kudo / クドウ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 昇 / Noboru Ohnishi / オオニシ ノボル
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-11 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2016-91 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.519 
ページ範囲 pp.129-134 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2017-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会