電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 11:45
基準ノード不要のセンサ測位システムZigLocの設計
泉 幸作山本貴宏石田繁巳九大)・田頭茂明関西大)・福田 晃九大MoNA2016-44
抄録 (和) 屋内ではGPS(Global Positioning System)が利用できないため,屋内センサネットワークにおいて膨大な数のセンサノードの位置を取得することは大きな課題の1つとなっている.筆者らはWiFi APを用いることで測位基準ノードを不要とするセンサ測位システムZigLocを開発している.筆者らはこれまでにセンサノード上でWiFi APのRSSを測定する手法及びセンサノード上でWiFi APの動作チャネルを推定する手法を開発した.本稿では,ZigLocの設計を示し,WiFiモジュールで取得したWiFi APの fingerprintを用いたセンサノード測位の測位誤差を評価した. 
(英) Sensor localization is one of the big problems when building large scale indoor sensor networks because GPS (global positioning system) is unavailable in indoor environments. We are developing a sensor localization system using WiFi APs as anchors, which requires no anchor deployment. We have developed a cross-technology signal extraction scheme to measure WiFi-AP RSS (received signal strength) on sensor nodes and WiFi-AP channel estimator. In this paper, we present the design of ZigLoc and the evaluation of sensor localization error using WiFi AP fingerprint derived by WiFi module.
キーワード (和) センサノード測位 / WiFi AP基準ノード / 異種無線信号検出 / WiFi動作チャネル / 位置指紋 / / /  
(英) sensor localization / WiFi AP anchors / cross-technology communication / WiFi operation channel / fingerprint / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 508, MoNA2016-44, pp. 275-280, 2017年3月.
資料番号 MoNA2016-44 
発行日 2017-03-02 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2016-44

研究会情報
研究会 MoNA ASN IPSJ-MBL IPSJ-UBI  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東大 本郷キャンパス 
開催地(英) University of Tokyo (Hongo Campus) 
テーマ(和) モバイルアドホックネットワーク, モバイル時代を支える次世代無線技術, フィールドセンシング, モバイルアプリケーション, ユビキタスサービス, ユビキタスシステムおよび一般 
テーマ(英) Mobile Ad Hoc Network, Next generation wireless communicasion, Field Sensing, Mobile Application, Ubiquitous Service, Ubiquitous System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2017-03-MoNA-ASN-MBL-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 基準ノード不要のセンサ測位システムZigLocの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of ZigLoc: Sensor Localization System without Anchors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサノード測位 / sensor localization  
キーワード(2)(和/英) WiFi AP基準ノード / WiFi AP anchors  
キーワード(3)(和/英) 異種無線信号検出 / cross-technology communication  
キーワード(4)(和/英) WiFi動作チャネル / WiFi operation channel  
キーワード(5)(和/英) 位置指紋 / fingerprint  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 幸作 / Kousaku Izumi / イズミ コウサク
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 貴宏 / Takahiro Yamamoto / ヤマモト タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 繁巳 / Shigemi Ishida / イシダ シゲミ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田頭 茂明 / Shigeaki Tagashira / タガシラ シゲアキ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 晃 / Akira Fukuda / フクダ アキラ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2016-44 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.508 
ページ範囲 pp.275-280 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会