お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 14:25
産官学連携を活用したスマートフォンアプリ制作実習
橘 俊宏湘南工科大ET2016-116
抄録 (和) コンピュータ応用学科では,特色のある授業としてPBL型授業「チームプロジェクトラーニング」を実施している.これは学部2年生より各教員の研究室に配属され,様々なプロジェクトを行う授業であり,卒業研究の入門的授業とも言える.私の研究室では,地元自治体をはじめとする複数の団体と連携しながら,スマートフォンアプリ制作実習を行うことにより,能動的かつ,実践的な専門知識を学ぶ授業を展開している.本稿では,2016年度に実施した活動と,今後の展開について述べる 
(英) Department of applied computer sciences are educating project-based learning "Team Project Learning" (TPL) as a characteristic classes. The TPL starts from the undergraduate second grader. Its class will be held for each laboratory. In the TPL, there are 10 people or less per grade. My TPL is in collaboration with several local association. My TPL's content is creation and development of smartphone applications. This is an education to learn active and practical expertise. In this paper, we describe the effect of that education.
キーワード (和) 産官学連携 / スマートフォンアプリ / プログラミング教育 / 能動的学習 / 藤沢市 / / /  
(英) Industry-government-academia collaboration / Smartphone apps / Programming education / Active learning / Fujisawa City / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 517, ET2016-116, pp. 129-132, 2017年3月.
資料番号 ET2016-116 
発行日 2017-03-03 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2016-116

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2017-03-10 - 2017-03-10 
開催地(和) 新居浜工業高等専門学校 
開催地(英) National Institute of Technology, Niihama College 
テーマ(和) STEM教育/一般 
テーマ(英) STEM (Science, Technology, Engineering and Mathematics) Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2017-03-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 産官学連携を活用したスマートフォンアプリ制作実習 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Practical Education of Smartphone Application Development Utilizing Industry-Government-Academia Collaboration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 産官学連携 / Industry-government-academia collaboration  
キーワード(2)(和/英) スマートフォンアプリ / Smartphone apps  
キーワード(3)(和/英) プログラミング教育 / Programming education  
キーワード(4)(和/英) 能動的学習 / Active learning  
キーワード(5)(和/英) 藤沢市 / Fujisawa City  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘 俊宏 / Toshihiro Tachibana / タチバナ トシヒロ
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Institute of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2016-116 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.517 
ページ範囲 pp.129-132 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2017-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会