電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 10:20
認知地図形成に与える触覚/力覚誘導提示方式の効果
坂井忠裕NHKエンジニアリングシステム)・坂尻正次筑波技大)・半田拓也清水俊宏NHK)・大西淳児緒方昭広筑波技大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 視覚障がい者に図やグラフを伝える手段として,通常の触覚ディスプレイの凹凸提示と力覚誘導を複合した触覚/力覚誘導提示方式を提案している.本稿では,触覚/力覚誘導提示方式が認知地図の形成に与える効果を,従来の音声ガイドや凹凸提示と比較して評価した実験結果を報告する.実験では,模擬した地図上のランドマークと経路を記憶し再生する課題を与え,再生した経路の正答得点と再生に要する描画時間,ランドマーク位置の正答数による客観評価,およびイメージと記憶のしやすさの主観評価で効果を評価した.その結果,触覚/力覚誘導提示は音声ガイドに対し有意に効果があり,凹凸提示に対しても効果が上回る傾向が示された.また,力覚誘導提示単体では,触覚/力覚誘導提示とほぼ同等な効果が得られたが,ランドマークの再生では正答数が減少したことから,線図形のようにイメージの形成が必要な経路で力覚誘導提示,ランドマークのように位置を定位する場合には凹凸提示の方が効果のあることが示唆された.これらより,両者を相補的に複合した触覚/力覚誘導提示方式は,イメージや記憶がしやすく認知地図の形成に有効であり,歩行前に地図を学習するための手段となる可能性が得られた.さらに,被験者を高方向感覚群と低方向感覚群とに分けて解析した結果,触覚/力覚誘導提示の効果は,低方向覚群の方が高方向感覚群より大きい傾向となることが分かった. 
(英) We propose a new method of presenting two-dimensional information on a tactile display so that visually impaired people are able to perceive easier them. The new presentation method is developed for a tactile-proprioceptive display, which can present information on not only conventional ‘‘concave–convex’’ tactile display, but also mechanical leading presentation by mechanically leading user’s fingers using haptic device. In this paper, we evaluated the effects for cognitive map formation of the tactile-proprioceptive presentation method in comparison with the conventional voice guide or “concave–convex” presentation method. In the experiment, after memorizing a landmark position and the route in the simulated map, the subject drew them on the tactile display by the recall method. The evaluation of the effect was performed by with an objectivity evaluation by the drawing time and a correct answer score for recalled route , the number of the correct answers of the landmark position, and with a subjectivity evaluation by the easiness of image and memory. The evaluation result shows that the evaluation values of the tactile-proprioceptive presentation method is statistically higher than the voice guide, and is tendency higher than the “concave–convex” presentation method. These results suggest the possibility that the proposed tactile-proprioceptive presentation method is effective for the formation of the cognitive map, and is available as means to learn a map before walking.
キーワード (和) 視覚障がい者 / 触覚ディスプレイ / 力覚誘導 / 触覚/力覚誘導提示 / 認知地図 / / /  
(英) Visually impaired people / Tactile display / Powered mechanical leading presentation / Proprioception and Tactile display / Cognitive map / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 519, WIT2016-78, pp. 9-14, 2017年3月.
資料番号 WIT2016-78 
発行日 2017-03-03 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2017-03-10 - 2017-03-11 
開催地(和) 筑波技術大学・春日キャンパス 
開催地(英) Tsukuba University of Technology (Kasuga Campus) 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英) Hearing / Visually impaired person support technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2017-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 認知地図形成に与える触覚/力覚誘導提示方式の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of practical use type Prop-Tactile display and evaluation for the possibility of the education use 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障がい者 / Visually impaired people  
キーワード(2)(和/英) 触覚ディスプレイ / Tactile display  
キーワード(3)(和/英) 力覚誘導 / Powered mechanical leading presentation  
キーワード(4)(和/英) 触覚/力覚誘導提示 / Proprioception and Tactile display  
キーワード(5)(和/英) 認知地図 / Cognitive map  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 忠裕 / Tadahiro Sakai / サカイ タダヒロ
第1著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System.Inc (略称: NES)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂尻 正次 / Masatsugu Sakajiri / サカジリ マサツグ
第2著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba University of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 拓也 / Takuya Handa / ハンダ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 俊宏 / Toshihiro Shimizu / シミズ トシヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 淳児 / Junji Onishi / オオニシ ジュンジ
第5著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba University of Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 緒方 昭広 / Akihiro Ogata / オガタ アキヒロ
第6著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba University of Technology)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2016-78 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.519 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2017-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会