電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 14:55
IoTに向けた多種多様な無線方式を効率的に収容するための無線アクセス管理システム ~ 無線アクセス仮想化統合管理の提案 ~
山崎敬広清水健司谷口 篤清水敬司NTTMoNA2016-48
抄録 (和) IoT時代の多種多様な無線方式による通信インフラを構築するために、無線方式ごとに基地局を設置すると、管理コスト増大、消費電力増大等の課題が生じる。本稿では、様々な無線方式を柔軟に実装可能なソフトウェア無線基地局を前提とし、必要な場所・時間に、サービス要求にあわせて動的に無線方式を配備する無線アクセス仮想化統合管理を提案する。また、無線アクセス仮想化統合管理の適用例の一つとして、低消費電力化の効果をシミュレーションにより評価したため、これを報告する。 
(英) We foresee in the upcoming IoT era, there will be a variety of radio access technologies for each IoT use cases, such as LTE, 5G, LPWA and so on. If wireless access systems for each radio technologies are required, it will be concerned that the management will become more complex and the power consumption will increase. To overcome such difficulties, we proposed integrated management architecture that dynamically configure the common wireless equipment such as software-defined-radio platform so that it works as a variety of radio-technology base station only in required time and places according to the IoT service requirement. In this paper, we evaluated, as one of the use cases, how we can reduce the total power consumption by effectively managing in such multiple wireless access environment.
キーワード (和) 無線アクセス管理 / ソフトウェア無線 / NFV / IoT / 5G / / /  
(英) Wireless Access Management / SDR / NFV / IoT / 5G / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 508, MoNA2016-48, pp. 309-314, 2017年3月.
資料番号 MoNA2016-48 
発行日 2017-03-02 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2016-48

研究会情報
研究会 MoNA ASN IPSJ-MBL IPSJ-UBI  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東大 本郷キャンパス 
開催地(英) University of Tokyo (Hongo Campus) 
テーマ(和) モバイルアドホックネットワーク, モバイル時代を支える次世代無線技術, フィールドセンシング, モバイルアプリケーション, ユビキタスサービス, ユビキタスシステムおよび一般 
テーマ(英) Mobile Ad Hoc Network, Next generation wireless communicasion, Field Sensing, Mobile Application, Ubiquitous Service, Ubiquitous System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2017-03-MoNA-ASN-MBL-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoTに向けた多種多様な無線方式を効率的に収容するための無線アクセス管理システム 
サブタイトル(和) 無線アクセス仮想化統合管理の提案 
タイトル(英) Integrated Management Architecture of Future IoT Wireless Access Systems 
サブタイトル(英) Wireless Access Virtualization 
キーワード(1)(和/英) 無線アクセス管理 / Wireless Access Management  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア無線 / SDR  
キーワード(3)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(4)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(5)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 敬広 / Takahiro Yamazaki / ヤマザキ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 健司 / Kenji Shimizu / シミズ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 篤 / Atsushi Taniguchi / タニグチ アツシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 敬司 / Takashi Shimizu / シミズ タカシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2016-48 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.508 
ページ範囲 pp.309-314 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会