電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 15:10
RGB-LED並列伝送における誤り訂正符号の効果
孫 冉羽渕裕真小澤佑介茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 可視光通信のLEDは赤(R)、緑(G)、青(B)の三色から作られ、各色が異なる透過率を有するため、三色を用いるRGB-LED並列伝送するとき、一部色だけが受け取るという特殊状況「部分的消失通信路」が存在する。
この問題を対応するため、本稿では、ターボ符号または低密度パリティ検査(LDPC)符号を用いる二つのRGB-LED並列伝送システムを提案している。
さらに、コンピュータシミュレーションにより、部分的消失通信路における二つの提案システムのビット誤り率(BER)性能を評価している。
その結果、ターボ符号システムではパリティビットが割り当てる色が消失しても良好なBER性能が示されているが、情報ビットが割り当てる色が消失の場合、大きな性能劣化が発生するという問題が発見されている。LDPC符号システムでは、情報ビット消失問題がなく、3色中どの色を失っても大きな性能劣化はなく、3つとも同様な性能になることが確認されている。 
(英) The LED for visible light communications has only 3 base colors: red, green and blue(RGB). Since the channel has a different transmittance depending on the LED-color, the channel model becomes a partial erasure channel which loses a part of colors in the RGB-LED parallel transmission. In this paper, two RGB-LED parallel transmission systems using turbo code or low density parity check (LDPC) code are considered.
The bit error rate (BER) performance of two systems in partial erasure channel are evaluated by computer simulation. As results, the turbo code system with rearrangement scheme is superior to the conventional turbo code system when losing the color stream which transmits the parity bits. In both turbo code systems, the significant degradation in BER performance occurs when losing the color stream which transmits the information bits.
In the system using the regular LDPC code, the performance degradation does not depend on the lost color when losing any one of the color streams.
キーワード (和) 光無線通信 / 部分的消失通信路 / RGB-LED並列伝送 / ターボ符号 / LDPC符号 / / /  
(英) Optical wireless communication / Partial erasure channel / RGB-LED parallel transmission / Turbo code / LDPC code / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 506, WBS2016-111, pp. 229-232, 2017年3月.
資料番号 WBS2016-111 
発行日 2017-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC WBS IT  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) TOKAI University 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-03-ISEC-WBS-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RGB-LED並列伝送における誤り訂正符号の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Error Correcting Codes for RGB-LED Parallel Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光無線通信 / Optical wireless communication  
キーワード(2)(和/英) 部分的消失通信路 / Partial erasure channel  
キーワード(3)(和/英) RGB-LED並列伝送 / RGB-LED parallel transmission  
キーワード(4)(和/英) ターボ符号 / Turbo code  
キーワード(5)(和/英) LDPC符号 / LDPC code  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 孫 冉 / Ran Sun / ソン ゼン
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽渕 裕真 / Hiromasa Habuchi / ハブチ ヒロマサ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 佑介 / Yusuke Kozawa / コザワ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2016-135,IEICE-ISEC2016-125,IEICE-WBS2016-111 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.504(IT), no.505(ISEC), no.506(WBS) 
ページ範囲 pp.229-232 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2017-03-02,IEICE-ISEC-2017-03-02,IEICE-WBS-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会