お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 16:40
[奨励講演]Webベースの業務システムへのユーザインタフェース拡張方式の適用
西川健一増田 健足立洋之井上 晃NTTICM2016-67
抄録 (和) Web ベースの業務システムを対象に,そのシステム自体を作り変えること無しに、ユーザインタフェース機能を拡張する方式を検討している.実業務システムへの適用を行って得られた知見や明らかになってきた課題について報告する.業務ルールや運用状況が変化していくにつれて業務システムとの間に乖離が生じてくるが,業務システムの開発コストの高さや開発期間を主な理由として,その溝を埋められないケースが多い.そこで,業務システムの Web サーバと Web ブラウザ間でやりとりされるメッセージに,機能拡張を行うコードを注入し, Web ブラウザに解釈実行させることで,ユーザインフェース機能を拡張する方式を我々は検討している.この方式のプロトタイプ実装を用いて,サービス受付等の業務システムへの複数の機能拡張要望を,拡張ルールとして実装した.その中で,幾つかの課題を見出し対処を施すことで,現在までの現場要望についてはほぼ全て実現することができている. 
(英) We have been studying a method for attaching additional functionalities onto Web-based Operation Support System (OSS) without making a change to the target OSS. In this report, we discuss our findings and challenges based on our experiment of applying its prototype implementation to a few OSSs in use. Due to the cost and effort for system development, it is not easy to fill a gap between business rules that have been changed and OSSs that should have implemented business rules. Therefore, we have been studying a method to augment user interface functionalities by injecting code into messages between a Web server and a Web browser. Using the prototype implementation, we have implemented augmentation rules that realize operators’ requirements for order handling OSSs. While resolving some issues during the process, we have successfully realized almost all requirements.
キーワード (和) OSS / Web拡張 / ブラウザ拡張 / / / / /  
(英) OSS / Web Augmentation / Augmented Browsing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 507, ICM2016-67, pp. 81-85, 2017年3月.
資料番号 ICM2016-67 
発行日 2017-03-02 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2016-67

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 平良港ターミナルビル(旧宮古島マリンターミナル) 
開催地(英) Miyakojima Marine Terminal Bldg. 
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英) Element Management, Management Functionalities, Operations and Management Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2017-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Webベースの業務システムへのユーザインタフェース拡張方式の適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of a user interface augmentation method to Web-based OSS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OSS / OSS  
キーワード(2)(和/英) Web拡張 / Web Augmentation  
キーワード(3)(和/英) ブラウザ拡張 / Augmented Browsing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 健一 / Kenichi Nishikawa / ニシカワ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 健 / Takeshi Masuda / マスダ タケシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 足立 洋之 / Hiroyuki Adachi / アダチ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 晃 / Akira Inoue / イノウエ アキラ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 16:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2016-67 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.507 
ページ範囲 pp.81-85 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICM-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会