電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 13:45
意図されないメッセージに対する秘匿性を考慮したインデックス符号
武井茉美古賀弘樹筑波大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インデックス符号化問題では,複数の受信者が送信者から受信する共通の符号語と,それぞれがもつ事前情報から目的のメッセージを復号する.本論文では,インデックス符号化問題において受信者に送信されることが意図されないメッセージに対して,情報理論的秘匿性の概念を導入する.最初に,クリーク被覆に基づいたインデックス符号化において,意図されないメッセージの秘匿性がある条件のもとで保証されることを示す.次に,トーナメントで表されるインデックス符号化問題における秘匿性を調査する.頂点数7以下のいくつかの特徴的なトーナメントを例として,最適な符号語長をもつインデックス符号に対して,各受信者の秘匿性の状況を詳細に調べる. 
(英) In this paper we consider the index coding problem, where multiple receivers decode respective intended messages from their side information and a common codeword that is broadcasted to all the receivers. We introduce information-theoretically secrecy notion to the messages that is not intended to be transmitted to a receiver. We first show that secrecy for the unintended messages is guaranteed in the index coding scheme based on the clique covering under a certain condition.Next, we consider index codes for several tournaments with less than or equal to seven vertices and investigate secrecy of the unintended messages to each receiver in detail.
キーワード (和) インデックス符号化 / 情報理論的秘匿性 / 有向グラフ / / / / /  
(英) index coding / information-theoric secrecy / directed graph / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 504, IT2016-130, pp. 203-208, 2017年3月.
資料番号 IT2016-130 
発行日 2017-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC WBS IT  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) TOKAI University 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2017-03-ISEC-WBS-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 意図されないメッセージに対する秘匿性を考慮したインデックス符号 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Index Coding with Information-Theoretic Secrecy for Unintended Message 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インデックス符号化 / index coding  
キーワード(2)(和/英) 情報理論的秘匿性 / information-theoric secrecy  
キーワード(3)(和/英) 有向グラフ / directed graph  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武井 茉美 / Mami Takei / タケイ マミ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 弘樹 / Hiroki Koga / コガ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2016-130,IEICE-ISEC2016-120,IEICE-WBS2016-106 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.504(IT), no.505(ISEC), no.506(WBS) 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-03-02,IEICE-ISEC-2017-03-02,IEICE-WBS-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会