お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 13:20
ドローンを用いた視覚障害者の歩行支援システムの開発
森 大輝入江英嗣坂井修一東大CPSY2016-152 DC2016-98
抄録 (和) 現在,日本には約31万人の視覚障害者がいる.視覚障害者が外出をするときは主に白杖を補助に用いるが,足元から2,3歩先の地面の様子しかわからない.そのため高い位置にある障害物に衝突したり,下り段差で転落したりする事故が多い.一方で盲導犬の助けを得ている視覚障害者もいるが,需要に対して供給が追いついていないのが現状である.そこで技術の進歩に伴って,視覚障害者の歩行を補助する機器が開発されるようになった.しかし,今までの電子歩行補助具には直感的に自分の進むべき方向がわかるものは少ない.そこで本研究ではドローンを用いた直感的な歩行支援システムを提案する.この提案するシステムではドローンに距離画像センサを載せて利用者を先導し,錯覚によって擬似的な牽引力を提示するデバイスで手を引くような誘導ができるシステムを提案する.本稿では,提案するシステムの一部として距離画像センサを用いて経路を生成し,振動によって利用者に伝える機能の実装をした.目隠しをした晴眼者にこのシステムを用いて適当な障害物を設置したコースを歩いてもらう実験を行ったところ,適切な指示を出すことができれば正しく誘導できることがわかった. 
(英) In this research we propose an intuitive walking support system for the visually impaired by using drone. In this paper, as a part of the proposed system, we have implemented a function to generate a route by using distance image sensor and tell the user by vibration. We conducted experiments with sighted people who squinted blinds using this system to walk a course on which some obstacles were put, and found that if we can provide appropriate instructions we can correctly guide them.
キーワード (和) ドローン / 視覚障害者 / 経路設計 / 触覚デバイス / / / /  
(英) drone / visually impaired / way finding / haptics / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 510, CPSY2016-152, pp. 339-344, 2017年3月.
資料番号 CPSY2016-152 
発行日 2017-03-02 (CPSY, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2016-152 DC2016-98

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-SLDM IPSJ-EMB IPSJ-ARC  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 具志川農村環境改善センター 
開催地(英) Kumejima Island 
テーマ(和) 組込み技術とネットワークに関するワークショップETNET2017 
テーマ(英) ETNET20167 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2017-03-CPSY-DC-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドローンを用いた視覚障害者の歩行支援システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Navigation System for the Visually Impaired by using a Drone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドローン / drone  
キーワード(2)(和/英) 視覚障害者 / visually impaired  
キーワード(3)(和/英) 経路設計 / way finding  
キーワード(4)(和/英) 触覚デバイス / haptics  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 大輝 / Daiki Mori / モリ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 入江 英嗣 / Hidetsugu Irie / イリエ ヒデツグ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 修一 / Shuichi Sakai / サカイ シュウイチ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2016-152,IEICE-DC2016-98 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.510(CPSY), no.511(DC) 
ページ範囲 pp.339-344 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2017-03-02,IEICE-DC-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会