電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 15:35
拡張プライム符号を用いる可視光可変Nパラレル符号多値変調法におけるマルチパスリフレクションの影響
大澤圭佑羽渕裕真小澤佑介茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 目に見える光を通信に応用する可視光通信が, 将来のホームネットワーク等に応用される技術として脚光を浴びている.
屋内で可視光通信を行う屋内可視光通信では, 照明の明るさを調節する調光制御への対応や, 隣接する照明からの干渉光への対策が課題となる.
調光制御を行なっても安定した通信を実現できる屋内可視光通信の通信方式として, 拡張プライム符号系列を用いる可視光可変N パラレル符号多値変調法が検討されている.
本方式では, 送信する擬似雑音符号の数を変化させることで, 所望する照明の明るさを実現している.
さらに, 拡張プライム符号系列のグループ特性によって, 隣接照明からの干渉光の影響を軽減している.
本稿では, 反射を考慮した屋内可視光通信チャネルにおいて, ビット誤り率の理論式を導出し, 評価している.
その結果, 反射を考慮した可視光通信チャネルにおいても, 調光制御はビット誤り率特性にほとんど影響しないことが示されている. 
(英) The indoor visible light communications utilizing LED light that are available for not only the illumination but also data transmission are received interest for future home networks.
The dimming control function which the illumination brightness can be controlled should not be compromised by the data transmission function.
The bit error rate performance of the indoor visible light communications deteriorates by co-channel interference from neighboring LEDs.
Therefore, one of the problems encountered in the indoor visible light communications is to design a data transmission scheme having a dimming control function and a method for reducing interference from neighboring LEDs.
The variable N-parallel code-shift keying (VN-CSK) system with the modified prime sequence code (MPSC) has been proposed for the indoor visible light communications.
The VN-CSK system with MPSC has not only a suppression function for reducing co-channel interference from neighboring LEDs, but also a function for keeping constant data transmission efficiency regardless of dimming control.
In this paper, the bit error rate performances of the VN-CSK system with MPSC are evalueted under the indoor visible light communication channel taking the multipath reflection into account by theoretical analysis.
As a result, it is shown that the influence of dimming control gives a small effect on the deterioration in the bit error rate performance under the indoor visible light communication channel taking the multipath reflection into account.
キーワード (和) 屋内可視光通信 / 発光ダイオード / 符号多値変調 / 拡張プライム符号系列 / 調光制御 / / /  
(英) Indoor Visible-Light Communication / Light Emitting Diode / Code-Shift Keying / Modified Prime Sequence Code / Dimming Control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 506, WBS2016-112, pp. 233-238, 2017年3月.
資料番号 WBS2016-112 
発行日 2017-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC WBS IT  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) TOKAI University 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-03-ISEC-WBS-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡張プライム符号を用いる可視光可変Nパラレル符号多値変調法におけるマルチパスリフレクションの影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impact of Multi-Path Reflection on the Visible-Light Variable N-parallel Code-Shift Keying utilizing Modified Prime Sequence Code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 屋内可視光通信 / Indoor Visible-Light Communication  
キーワード(2)(和/英) 発光ダイオード / Light Emitting Diode  
キーワード(3)(和/英) 符号多値変調 / Code-Shift Keying  
キーワード(4)(和/英) 拡張プライム符号系列 / Modified Prime Sequence Code  
キーワード(5)(和/英) 調光制御 / Dimming Control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 圭佑 / Keisuke Osawa / オオサワ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽渕 裕真 / Hiromasa Habuchi / ハブチ ヒロマサ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 佑介 / Yusuke Kozawa / コザワ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2016-136,IEICE-ISEC2016-126,IEICE-WBS2016-112 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.504(IT), no.505(ISEC), no.506(WBS) 
ページ範囲 pp.233-238 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-03-02,IEICE-ISEC-2017-03-02,IEICE-WBS-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会