電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 10:55
q入力r出力対称通信路におけるq元線形符号の性能評価システム(2)
古屋杏志郎山口和彦電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 川島らは多元線形符号に対する軟判定復号の誤り率計算の式を示している.この計算は硬判定復号器に軟判定復調器と簡単な判断回路を組み合わせることで実現できる様な軟判定復号に対応する.これは硬判定復号と比べ信頼度の向上を図る,実用に応じた設定を実現するなどの利点を持つ.また,藤川らは軟判定復号の実用における復号領域設定アルゴリズムを提案した.
本研究ではこの誤り率計算式と復号領域設定アルゴリズムを再吟味し,与えられた通信路と復号誤り率の上限などの設定条件からこの復号領域を与える計算方法を導いた.なお,前原稿の記述の誤りを修正している. 
(英) Kawashima and Yamaguchi proposed method to compute probability of decoding error of soft decision decoding for q-ary linear block codes. The results assume simple decoder i.e. hard decision decoder, soft decision demodulator and additional decision circuit. The decoder improve decoding error probability or some other property compared with original hard decision decoder. Fujikawa and Yamaguchi proposed setting strategic algorithm of decoding region of soft decision. We review method to compute probability of decoding error and setting strategic algorithm of decoding region. In this study, we propose new evaluating method of probability of decoding error. The method determine decoding region in the evaluation with channel condition and given requirement of data quality.
キーワード (和) 誤り訂正符号 / 線形ブロック符号 / 軟判定復号 / 復号誤り率 / 誤り検出率 / / /  
(英) error correcting code / linear block code / soft decision decoding / probability of decoding error / probability of error detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 504, IT2016-123, pp. 155-160, 2017年3月.
資料番号 IT2016-123 
発行日 2017-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC WBS IT  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) TOKAI University 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2017-03-ISEC-WBS-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) q入力r出力対称通信路におけるq元線形符号の性能評価システム(2) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Studies on evaluationg system for q-ary linear block codes based on q-input r-output symmetric channels(2) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 誤り訂正符号 / error correcting code  
キーワード(2)(和/英) 線形ブロック符号 / linear block code  
キーワード(3)(和/英) 軟判定復号 / soft decision decoding  
キーワード(4)(和/英) 復号誤り率 / probability of decoding error  
キーワード(5)(和/英) 誤り検出率 / probability of error detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古屋 杏志郎 / Kyoshiro Furuya / フルヤ キョウシロウ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 和彦 / Kazuhiko Yamaguchi / ヤマグチ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2016-123,IEICE-ISEC2016-113,IEICE-WBS2016-99 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.504(IT), no.505(ISEC), no.506(WBS) 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-03-02,IEICE-ISEC-2017-03-02,IEICE-WBS-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会