電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 11:40
Named Data Networkingにおけるパケットホップ数を用いたInterest Flooding Attackの検知及び緩和手法
中塚義道西 宏章慶大CPSY2016-150 DC2016-96
抄録 (和) WWWの登場以来,インターネットは通信以外に動画等のコンテンツを共有する場として変化した.この変化に対応したネットワークアーキテクチャとしてコンテンツに焦点を当てたNamed Data Networking (NDN)が提案された.しかしIPネットワークにおいてDDoS攻撃が脅威であるのと同様にNDNでもInterest Flooding Attackと呼ばれるDDoS攻撃のリスクがある.本提案手法ではエンドホストが受信するパケットのホップ数の平均値及び分散を用いることでInterest Flooding Attackを検知及び緩和することを目指す.提案手法はNDNシミュレータndnSIMに実装し,評価を行った.その結果,本提案手法を用いることで攻撃者の56%を,一般ユーザの88%を正しく検知でき,また一般ユーザのデータ取得率が25%改善したことが示された. 
(英) The WWW changed the Internet from a tool of communication to a pool of information. A network architecture focusing on contents called Named Data Networking (NDN) was introduced due to such changes. However, NDN specific DDoS attacks called Interest Flooding Attacks are a threat in NDN. This work detects and mitigates Interest Flooding Attacks by utilizing the mean and the variance of the packet hop counts. The proposed defense mechanism was implemented in the NDN simulator, ndnSIM. The proposed method successfully detected 56% of the attackers and 88% of the legitimate users. In addition, the data acquisition rate of the legitimate users was improved by 25%.
キーワード (和) Named Data Networking / Interest Flooding Attack / DDoS攻撃 / パケットホップ数 / / / /  
(英) Named Data Networking / Interest Flooding Attack / DDoS attack / Packet Hop Count / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 510, CPSY2016-150, pp. 327-332, 2017年3月.
資料番号 CPSY2016-150 
発行日 2017-03-02 (CPSY, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2016-150 DC2016-96

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-SLDM IPSJ-EMB IPSJ-ARC  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 具志川農村環境改善センター 
開催地(英) Kumejima Island 
テーマ(和) 組込み技術とネットワークに関するワークショップETNET2017 
テーマ(英) ETNET20167 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2017-03-CPSY-DC-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Named Data Networkingにおけるパケットホップ数を用いたInterest Flooding Attackの検知及び緩和手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection and Mitigation of Interest Flooding Attacks in Named Data Networking using packet hop counts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Named Data Networking / Named Data Networking  
キーワード(2)(和/英) Interest Flooding Attack / Interest Flooding Attack  
キーワード(3)(和/英) DDoS攻撃 / DDoS attack  
キーワード(4)(和/英) パケットホップ数 / Packet Hop Count  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中塚 義道 / Yoshimichi Nakatsuka / ナカツカ ヨシミチ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 宏章 / Hiroaki Nishi / ニシ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2016-150,IEICE-DC2016-96 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.510(CPSY), no.511(DC) 
ページ範囲 pp.327-332 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2017-03-02,IEICE-DC-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会