電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-09 16:50
[招待講演]副情報に遅延が生じる場合のWyner-Ziv符号化問題
松田哲直植松友彦東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Wyner-Ziv符号化は,複数の情報源に関する基本的かつ代表的な情報源符号化である.Wyner-Ziv符号化では,相関を有する2つ情報源からそれぞれ生起した2つの固定長系列の片方のみを符号化器において符号化し,もう一方の系列を復号器における副情報として参照して,符号化された系列を与えられた許容範囲内の歪みを許容して復号する.従来のWyner-Ziv符号化では,副情報として参照される系列が遅延無く復号器に届くことを仮定していた.これに対して小文では,副情報に遅延が生じる場合のWyner-Ziv符号化を扱い,与えられた歪みの許容値に対する符号化率の下限を表すレート・歪み関数を明らかにする符号化問題について解説する.また,一般には遅延が生じない場合よりもレート・歪み関数が真に大きくなることを示す. 
(英) Wyner-Ziv coding is a basic and typical source coding for multiple information sources. In Wyner-Ziv coding, the encoder encodes only one of two fixed-length source sequences individually emitted from two correlated sources. Then, the decoder decodes the encoded sequence by referring to the other source sequence as the side information, where the decoded sequence is allowed to have a distortion from the original sequence. In this Wyner-Ziv coding, it is assumed that the decoder can receive a side information sequence without delay. In this paper, we deal with Wyner-Ziv coding with delayed side information and give a brief discussion of the coding problem which clarifies the rate-distortion function representing the infimum of the coding rate with respect to a given tolerance level of the distortion. Then, we show that in general, the rate-distortion function is strictly larger than that for the case without delay.
キーワード (和) 情報源符号化 / 遅延 / 副情報 / レート・歪み関数 / / / /  
(英) source coding / delay / side information / rate-distortion function / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 504, IT2016-117, pp. 115-120, 2017年3月.
資料番号 IT2016-117 
発行日 2017-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC WBS IT  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) TOKAI University 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2017-03-ISEC-WBS-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 副情報に遅延が生じる場合のWyner-Ziv符号化問題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Wyner-Ziv Coding Problem with Delayed Side Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報源符号化 / source coding  
キーワード(2)(和/英) 遅延 / delay  
キーワード(3)(和/英) 副情報 / side information  
キーワード(4)(和/英) レート・歪み関数 / rate-distortion function  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 哲直 / Tetsunao Matsuta / マツタ テツナオ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 植松 友彦 / Tomohiko Uyematsu / ウエマツ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-09 16:50:00 
発表時間 50 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2016-117,IEICE-ISEC2016-107,IEICE-WBS2016-93 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.504(IT), no.505(ISEC), no.506(WBS) 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-03-02,IEICE-ISEC-2017-03-02,IEICE-WBS-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会