電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-09 15:25
変形擬直交M系列対による二乗検波型DS-UWB-IRにおけるマルチユーザ性能評価
松村拓真羽渕裕真茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) これまでに、広い周波数帯域を占有して通信を行う超広帯域無線(UWB: Ultra Wide Band) に、直接拡散 技術 (DS/SS: Direct Sequence/Spread Spectrum) とインパルス信号を用いるDS-UWB-IR 通信方式が検討されてい る。また、受信機システムの簡略化を目的とした二乗検波オンオフキーイング(OOK) が検討されている。しかしな がら、二乗検波型 OOK では、他ユーザ信号により誤り率性能が大きく劣化してしまう。そこで著者らは、拡散符号 として変形擬直交 M 系列対を用い、情報変調法としてシーケンスインバージョンキーイング(SIK: Sequence Inverce Keying) を用いる方式を考案している。 本稿では、変形擬直交 M 系列対を用いた二乗検波型DS-UWB-IR 方式の相 関特性について詳解し、マルチユーザ性能評価をコンピュータシミュレーションにより行っている。 
(英) DS-UWB-IR systems, which combines the direct sequence/spread-spectrun techniques with the ultra wideband-impulse radio technniques, are investigated. For the simplification of the receiver, the on-off keying systems with a square-law detector are evaluated. However, in these systems, error rate performance greatly deteriorates by other users signals. To solve this problem, the energy weighted DS-UWB-IR using the modified pseudo orthogonal M-sequence and the square-low detection was propoased. In this paper, the multiuser capability of the proposed system is evaluated under the synchronization between users. Moreover, the relation between bit error rate performance and variance of synchronization error is revealed. Consequently, it is found that the bit error rate decreases until the number of users becomes a half of the length of the modified pseudo orthogonal M-sequence.
キーワード (和) UWB / 直接拡散 / 変形擬直交M系列対 / 二乗検波 / 干渉特性 / / /  
(英) Ultra Wide Band / Direct Sequence/Spread Spectrum / Modified Pseudo-orthogonal M-sequence / Square-law Detection / / Interference Characteristic / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 506, WBS2016-90, pp. 97-102, 2017年3月.
資料番号 WBS2016-90 
発行日 2017-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC WBS IT  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) TOKAI University 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-03-ISEC-WBS-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変形擬直交M系列対による二乗検波型DS-UWB-IRにおけるマルチユーザ性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiuser Performance Evaluation on Square-law Detection DS-UWB-IR using Modified Pseudo-orthogonal M-sequence 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UWB / Ultra Wide Band  
キーワード(2)(和/英) 直接拡散 / Direct Sequence/Spread Spectrum  
キーワード(3)(和/英) 変形擬直交M系列対 / Modified Pseudo-orthogonal M-sequence  
キーワード(4)(和/英) 二乗検波 / Square-law Detection  
キーワード(5)(和/英) 干渉特性 /  
キーワード(6)(和/英) / Interference Characteristic  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 拓真 / Takuma Matsumura / マツムラ タクマ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽渕 裕真 / Hiromasa Habuchi / ハブチ ヒロマサ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-09 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-IT2016-114,IEICE-ISEC2016-104,IEICE-WBS2016-90 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.504(IT), no.505(ISEC), no.506(WBS) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-03-02,IEICE-ISEC-2017-03-02,IEICE-WBS-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会