電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-09 10:50
3ラウンドRSA-OAEPの関連鍵攻撃に対する安全性
伊藤玄武森田 啓岩田 哲名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2013年に,JiaらはRSA-OAEPがアフィン関数に関する関連鍵攻撃に対して安全であることを証明した.関連鍵攻撃はBellareとKohnoによって定式化されたが,敵が鍵に変形を加える際に利用できる関数(関連鍵導出関数)の定義域および値域を秘密鍵空間としていた.しかしながら,RSA暗号は敵が秘密鍵空間を知らないため,関連鍵導出関数をそのままの定義で利用することは適切ではない.本論文では,定義域および値域を,秘密鍵空間を含み,演算の定義された集合に拡張することでこの問題を解決する.また,関連鍵導出関数の定義を修正した上で,3ラウンドRSA-OAEPがアフィン関数に関する関連鍵攻撃に対して安全であることを証明する. 
(英) In 2013, Jia et al. proved that RSA-OAEP is secure against related-key attacks with respect to affine functions.In related-key attacks, which is formalized by Bellare and Kohno, the function that the adversary can apply to the key (related-key derivation functions) considers its domain and range as the secret key space.However, because the adversary does not know the secret key space of the RSA, it is not appropriate to use the related-key derivation function as it has been defined.We solve this problem by extending the domain and range to a set with appropriate operations that contains the secret key space as a subset.In this paper, we revise the definition of the related key derivation function and prove that the RSA using 3-Round OAEP is secure against related-key attacks with respect to affine functions.
キーワード (和) 関連鍵攻撃 / RSA / OAEP / / / / /  
(英) related-key attack / RSA / OAEP / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 505, ISEC2016-91, pp. 15-22, 2017年3月.
資料番号 ISEC2016-91 
発行日 2017-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC WBS IT  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) TOKAI University 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-03-ISEC-WBS-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3ラウンドRSA-OAEPの関連鍵攻撃に対する安全性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Security of 3-Round RSA-OAEP against Related-Key Attacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 関連鍵攻撃 / related-key attack  
キーワード(2)(和/英) RSA / RSA  
キーワード(3)(和/英) OAEP / OAEP  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 玄武 / Gembu Ito / イトウ ゲンブ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 啓 / Hiraku Morita / モリタ ヒラク
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 哲 / Tetsu Iwata / イワタ テツ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-09 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2016-101,IEICE-ISEC2016-91,IEICE-WBS2016-77 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.504(IT), no.505(ISEC), no.506(WBS) 
ページ範囲 pp.15-22 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2017-03-02,IEICE-ISEC-2017-03-02,IEICE-WBS-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会