電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-09 11:25
[招待講演]ホワイトボックス暗号化技術について ~ 最新の攻撃と安全な構成方法 ~
五十部孝典ソニーグローバル M&O
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ホワイトボックス暗号化技術は,ハードウェアサポートがない環境において,ソフトウェアのみで秘密鍵
を守る技術である.2002 年にCloakware のChow らにより提案されてから,多くのベンダーによりホワイトボックス
暗号技術が提供され,幅広いデバイスやサービスにおいて利用されている.一方学術レベルでは,2004 年にBGE 攻
撃と呼ばれる攻撃手法が提案されて以降,すべてのホワイトボックスDES/AES は現実的な計算量で破られている.
さらに,CHES 2016 においてDCA(Differential Computational Analysis) と呼ばれる強力な攻撃がNXP の研究者か
ら提案された.この攻撃は,どのようにAES をobfuscation しているかの情報がない場合でも実行可能な方法であり,
実製品で使用されているホワイトボックスAES に対しても攻撃可能であることが報告されている.このように,ホワ
イトボックス暗号の分野は,実際に広く普及しているにも関わらず,学術レベルでは安全な構成方法が確立されてお
らず,学術と実際のギャップの非常に大きい分野である.本講演では,これまでのホワイトボックス暗号技術の進化
の流れとともに,最新技術として,講演者により提案された安全なホワイトボックス専用ブロック暗号の構成方法と
実際の暗号アルゴリズムSPACE/SPNbox,さらにDCA 攻撃よりもさらに強力なホワイトボックスAES に対する最
新の攻撃手法について紹介する. 
(英) Whitebox cryptography is a technique to protect software implementations of cryptographic algorithms
in untrusted environments. An increasing number of applications are emerging that require substantial security
in purely software environments, e.g. set-top boxes, PCs, tablets, smartphones, HCE, digital rights management
(DRM) systems, or client software running in the cloud. The major goal of whitebox cryptography is to protect the
con dentiality of secret keys when the adversary has full access to the execution environment with the aid of a de-
compiler, debugger tools and dynamic binary analysis tools, e.g. IDA Pro, IL DASM, Valgrind and PIN. White-box
implementations of DES and AES were rst proposed by Chow et al. in 2002. In the wake of these seminal papers,
several further variants of whitebox implementations for DES and AES were proposed. However, all published
white-box solutions for DES and AES to date have been practically broken by BGE and DCA attacks. There is a
clear gap between theory and practice, In this invited talk, we review history of whitebox cryptography from points
of view of design and attacks, and then introduce our recent results: new constructions of whitebox-secure block
ciphers and new powerful attacks on whitebox AES.
キーワード (和) ブロック暗号 / ホワイトボックス暗号 / / / / / /  
(英) block cipher / whitebox cryptgraphy / space hardness / decomposition attack / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 505, ISEC2016-92, pp. 23-23, 2017年3月.
資料番号 ISEC2016-92 
発行日 2017-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC WBS IT  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) TOKAI University 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-03-ISEC-WBS-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホワイトボックス暗号化技術について 
サブタイトル(和) 最新の攻撃と安全な構成方法 
タイトル(英) Recent Advances in Whitebox Cryptgraphy 
サブタイトル(英) Efficient and Robust Constructions and New Attacks 
キーワード(1)(和/英) ブロック暗号 / block cipher  
キーワード(2)(和/英) ホワイトボックス暗号 / whitebox cryptgraphy  
キーワード(3)(和/英) / space hardness  
キーワード(4)(和/英) / decomposition attack  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十部 孝典 / Takanori Isobe / イソベ タカノリ
第1著者 所属(和/英) ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社 (略称: ソニーグローバル M&O)
Sony Global Manufacturing & Operations Corporation (略称: Sony Global M&O Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-09 11:25:00 
発表時間 50 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2016-102,IEICE-ISEC2016-92,IEICE-WBS2016-78 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.504(IT), no.505(ISEC), no.506(WBS) 
ページ範囲 p.23 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-IT-2017-03-02,IEICE-ISEC-2017-03-02,IEICE-WBS-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会