電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-09 13:35
符号の修正に基づく局所復号可能な符号の設計について
田宮寛人神戸大)・廣友雅徳佐賀大)・森井昌克神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 局所復号可能な符号(Locally Repairable Codes; LRC)は効率的に局所誤りを訂正するために設計された符号のクラスである.
LRCの局所復号性能における指標としてLocalityとAvailabilityがある.
これらを考慮したLRCに対する最小距離や次元の上界が幾つか報告されており,その上界を達成する最適な符号の構成法が研究されている.
さらに,ハミング符号やBCH符号などの従来の符号に対して局所復号性能が調査されている.
本稿では,SEC-DED符号の検査行列を修正しLRCの構成について検討する.
また,特定の条件をもつ多数決論理復号可能な符号を修正することによるLRCの構成を検討する.
さらに,EG-LDPC符号およびPG-LDPC符号の局所復号性能について議論する. 
(英) Locally repairable codes (LRCs) are a class of codes designed for the local correction of erasures.
Locality and Availability are important metrics of the locally repairable capability.
Several upper bounds on minimum distances and dimensions of LRCs have been reported and the optimal code construction to achieve the upper bound is studied.
Furthermore, locally repairable capability is investigated for conventional codes such as Hamming code and BCH code.
In this paper, we discuss the construction of LRC by modifying the check matrix of SEC-DED code and LRCs by modifying the majority logic decodable code with specific conditions.
Furthermore, we discuss the locally repairable capability of EG-LDPC code and PG-LDPC code.
キーワード (和) 局所復号可能な符号 / 符号の修正 / 多数決論理復号可能な符号 / 有限幾何符号 / / / /  
(英) Locally repairable codes / code modification / majority-logic decodable codes / finite geometry codes / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 504, IT2016-106, pp. 49-53, 2017年3月.
資料番号 IT2016-106 
発行日 2017-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC WBS IT  
開催期間 2017-03-09 - 2017-03-10 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) TOKAI University 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2017-03-ISEC-WBS-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 符号の修正に基づく局所復号可能な符号の設計について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Design of Locally Repairable Codes Based on Code Modification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 局所復号可能な符号 / Locally repairable codes  
キーワード(2)(和/英) 符号の修正 / code modification  
キーワード(3)(和/英) 多数決論理復号可能な符号 / majority-logic decodable codes  
キーワード(4)(和/英) 有限幾何符号 / finite geometry codes  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田宮 寛人 / Hiroto Tamiya / タミヤ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣友 雅徳 / Masanori Hirotomo / ヒロトモ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森井 昌克 / Masakatu Morii / モリイ マサカツ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-09 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2016-106,IEICE-ISEC2016-96,IEICE-WBS2016-82 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.504(IT), no.505(ISEC), no.506(WBS) 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2017-03-02,IEICE-ISEC-2017-03-02,IEICE-WBS-2017-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会