お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-07 15:35
インフラ協調型自動運転向け路車間通信の送信遅延ダイバーシチを活用した不感地帯削減方式に関する無線伝送実験結果解析
栗田 明山下靖貴早馬道也落合麻里元吉克幸岡村 敦三菱電機ITS2016-89
抄録 (和) 近年,自動運転の実用化に向けた研究開発が進んでおり,安全な自動運転の実現が求められている.なかでもインフラ協調型自動運転では,車両の自律センサの情報に加え,路車間通信の情報を組み合わせることで,より高度な自動運転の実現が期待されている.インフラ協調型自動運転の課題として,遮音壁等の障害物がある場所で路側機の複数アンテナから自動運転支援情報を送信する場合,複数の送信信号が逆位相で打ち消し合い,情報を受信できない不感地帯が発生する可能性がある.そこで本稿では,路側機への送信遅延ダイバーシチ適用による不感地帯削減方式を提案する.高速道路合流路のテストコースでIEEE802.11p準拠の無線機を用いて無線伝送実験を実施した結果,提案方式により不感地帯を削減し,路車間通信の通信距離を約2倍に拡大できることを示す. 
(英) In recent years, the research and development for the realization of the autonomous driving system is ongoing. Especially among them, the realization of more advanced autonomous driving system is expected by combining the sensor information with the V2I information at the vehicles. There is a possibility that the dead zone occurs when some infrastructures transmit the autonomous driving supporting information at the same time in the environment where there is the barricade, e.g. the sound barrier wall. In this paper, we propose the dead zone reduction scheme for V2I using transmit delay diversity. We show the field test results using IEEE802.11p transceivers at the test course simulating the highway interchange, and show the proposed scheme can reduce the dead zone and approximately double the V2I communication distance.
キーワード (和) 路車間通信 / OFDM / 送信遅延ダイバーシチ / IEEE802.11p / / / /  
(英) V2I / OFDM / Transmit Delay Diversity / IEEE802.11p / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 502, ITS2016-89, pp. 75-80, 2017年3月.
資料番号 ITS2016-89 
発行日 2017-02-28 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2016-89

研究会情報
研究会 ITS IEE-ITS  
開催期間 2017-03-07 - 2017-03-07 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) ITS情報処理,一般 
テーマ(英) Information Processing for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2017-03-ITS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インフラ協調型自動運転向け路車間通信の送信遅延ダイバーシチを活用した不感地帯削減方式に関する無線伝送実験結果解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Field Test Results of Dead Zone Reduction Scheme for V2I using Transmit Delay Diversity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 路車間通信 / V2I  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) 送信遅延ダイバーシチ / Transmit Delay Diversity  
キーワード(4)(和/英) IEEE802.11p / IEEE802.11p  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 明 / Akira Kurita / クリタ アキラ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 靖貴 / Yasutaka Yamashita / ヤマシタ ヤスタカ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 早馬 道也 / Michiya Hayama / ハヤマ ミチヤ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 麻里 / Mari Ochiai / オチアイ マリ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 元吉 克幸 / Katsuyuki Motoyoshi / モトヨシ カツユキ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 敦 / Atsushi Okamura / オカムラ アツシ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-07 15:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2016-89 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.502 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2017-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会