電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-07 10:50
高調波利用型レトロディレクティブのための高調波到来方向推定システムの研究
川島祥吾篠原真毅三谷友彦京大WPT2016-77
抄録 (和) 高調波利用型レトロディレクティブ (HBRS) とは, マイクロ波無線電力伝送においてレクテナにおいて発生・再放射する高調波再放射を送電側が検知し, 受電対象の方向を推定し, 追尾送電を行うシステムである. 本研究では, 半波長ダイポールアンテナと倍電圧整流回路が一体化したレクテナへの高調波再放射の到来方向推定システムを構築した. まず位相差検出器の性能を評価し, 位相差に対してほぼ線形に電圧を出力することを確認した. 次に到来方向推定実験を行った. まず, シグナルジェネレータにより高調波再放射を模擬し, 到来方向推定した実験では, 最大誤差〖3.2〗^∘ であった. 続いて実際にレクテナに送電し, その高調波再放射の到来方向推定実験を行った. 結果は, 送電アンテナ由来の二次高調波が推定系に流入し, 誤差が拡大した. そのため, 電波吸収体を用いて, 送電アンテナからの二次高調波を遮断した実験系により再実験した結果, 模擬高調波実験との差は2^∘ 程度まで抑制される結果となった. 以上の実験により, HBRSの設計指針として, 送電側からの二次高調波の影響を考慮する必要があることを示した. 
(英) A Haramonics-Based Retorodirective System (HBRS) is proposed for microwave power transmission. Re-radiation of rectenna harmonics is adopted for the pilot signal in the HBRS. In this paper, we constructed a estimating system of harmonics arrival direction from a rectenna with a λ/2 dipole antenna and a double voltage rectifier. We evaluated a phase detector we adopted, and the detector had a linear relationship between the output voltage and the phase difference of input signal. We conducted experiments of estimating direction of arrival. At first, we simulate the re-radiation harmonics by a signal generator and a horn antenna. In the estimated results, the maximum error was 〖3.2〗^∘. Next, we transmitted microwave power to the rectenna, and estimated the direction of harmonic arrival. As a result, the harmonics from the transmitting antenna flowed in the estimating system and the error was expanded. We set radiowave absorber and blocked the harmonics from the transmitting antenna. In the re-experimental results, the difference with the simulated harmonics experiments was reduced by 2^∘. As a design guideline of the HBRS, we showed that it is necessary to consider the effects of the harmonics from transmitting antenna.
キーワード (和) マイクロ波無線電力伝送 / 到来方向推定 / 高調波再放射 / レトロディレクティブ / / / /  
(英) Microwave power transmission / Direction of Arrival / Harmonic re-re-radiation / Retrodirective / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 499, WPT2016-77, pp. 63-67, 2017年3月.
資料番号 WPT2016-77 
発行日 2017-02-27 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2016-77

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2017-03-06 - 2017-03-07 
開催地(和) 京都大学宇治キャンパス 
開催地(英) Kyoto Univ. Uji Campus 
テーマ(和) 無線電力伝送技術・SPS技術・一般 
テーマ(英) Wireless Power Transfer, SPS Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2017-03-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高調波利用型レトロディレクティブのための高調波到来方向推定システムの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Direction of Arrival Estimation of Harmonics Re-radiation for a Harmonics-Based Retrodirective System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波無線電力伝送 / Microwave power transmission  
キーワード(2)(和/英) 到来方向推定 / Direction of Arrival  
キーワード(3)(和/英) 高調波再放射 / Harmonic re-re-radiation  
キーワード(4)(和/英) レトロディレクティブ / Retrodirective  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 祥吾 / Shogo Kawashima / カワシマ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 真毅 / Naoki Shinohara / シノハラ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 友彦 / Tomohiko Mitani / ミタニ tモヒコ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-07 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2016-77 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.63-67 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WPT-2017-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会