電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-06 15:05
モバイルネットワークにおける変化点予測手法の一検討
和田真弥湯 聿津KDDI総合研究所)・松田崇弘阪大)・泉川晴紀小野智弘KDDI総合研究所)・滝根哲哉阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) モバイルネットワークのトラヒックは通信の利用場所や利用状況変化によって時間的・空間的に大きく変動する場合があり,通信品質の悪化を未然に防ぐためには,トラヒック変動等の変化点を予測することが必要となる.本稿では,基地局に対するアクセス数に着目し,アクセス数の統計的性質が大きく変化する時刻を予測する変化点予測手法について検討する.具体的には,複数の基地局で観測されたアクセス数の組に対し,それぞれタイムシフトさせて相互相関関数が最大になるラグを求める.その相関関係を用いて,一方の基地局で変化点が検出された場合,変化点検出時刻から当該ラグの時刻経過後にもう一方の基地局において変化点が発生すると予測する.本稿では,これらの相互相関関数を用いた変化点予測が実現できるかどうかの基礎的な評価をシミュレーション実験により実施する. 
(英) Traffic volumes in mobile networks could be fluctuated spatiotemporally due to the change of communicational place and situation. Change-point prediction techniques are important to prevent a degradation of communication qualities. In this article, we study a change-point prediction technique to predict a timing when the statistics of the number of mobile accesses are changed drastically. In this technique, to verify a correlative relationship, a time lag of maximum cross-correlation function for a certain pairwise base station is calculated by shifting of time series of mobile accesses. Then a change-point is predicted by a correlative relationship of a certain pairwise base station. We evaluate the efficacy of the studied technique with simulation experiments.
キーワード (和) 変化点予測 / 変化点検出 / モバイルネットワーク / / / / /  
(英) Change-point prediction / Change-point detection / Mobile networks / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 497, CQ2016-118, pp. 43-47, 2017年3月.
資料番号 CQ2016-118 
発行日 2017-02-27 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE IE CQ IMQ  
開催期間 2017-03-06 - 2017-03-07 
開催地(和) 九州大学大橋キャンパス 5号館 
開催地(英) Kyusyu Univ. Ohashi Campus 
テーマ(和) 五感メディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化,超臨場感,ネッ トワークの品質と信頼性,イメージメディアの品質,一般(MVE・IE・IMQ研究会共催,CQ研究会併催,VR学会香り・味と生体情報研究委員会と連催) 
テーマ(英) Five senses media, Multimedia, Virtual Environment, Image encoding, Ultra realistic, Network quality and reliability, Image media quality, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2017-03-MVE-IE-CQ-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルネットワークにおける変化点予測手法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Change-Point Prediction in Mobile Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変化点予測 / Change-point prediction  
キーワード(2)(和/英) 変化点検出 / Change-point detection  
キーワード(3)(和/英) モバイルネットワーク / Mobile networks  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 真弥 / Shinya Wada / ワダ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯 聿津 / Yujin Tang / トウ イチシン
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda / マツダ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉川 晴紀 / Haruki Izumikawa / イズミカワ ハルキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 智弘 / Chihiro Ono / オノ チヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝根 哲哉 / Tetsuya Takine / タキネ テツヤ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-06 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2016-118 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.497 
ページ範囲 pp.43-47 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CQ-2017-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会