電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-06 10:50
エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN)における光アドホックネットワークの波長予約手法
伊佐治義大佐藤丈博岡本 聡山中直明慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN )では,ネットワーク故障発生時にアクティブ型のOptical Distribution Network (ODN)により柔軟にアクセスパスを再構成し,他局舎のOptical Line Terminal (OLT)がOptical Network Unit (ONU)を再収容することで,接続性を回復することが期待されている.多数の局舎が機能停止する大規模災害時において,OLTとONU間の伝送距離制限を打破するための手法として光アドホックネットワークが提案されている.しかし,救済対象のONU群と隣接ONU群との間に割り当てる波長決定手法がこれまで未考慮であった.本論文では光アドホックネットワークを実現するための波長予約手法を提案する.計算機シミュレーションにより,提案した波長選択手法を適用した光アドホックネットワーク方式の特性評価を行った.ネットワーク内デバイスの故障率40%時において,リストレーション方式のみの適用時からONU群救済率を更に20%以上向上可能であることを示した. 
(英) In the elastic lambda aggregation network (EλAN), access paths are flexibly reconfigured by the active optical distribution network (ODN) when a network failure occurs. It is expected that an optical line terminal (OLT) of another central office (CO) recovers the connectivity of optical network units (ONU). The optical ad hoc networking has been proposed as a method to overcome the transmission distance limitation between the OLT and the ONU in the case of a large-scale disaster in which a large number of COs are out of service. In this paper, we propose the wavelength reservation method to realize the optical ad hoc networking. By computer simulation, the optical ad hoc networking applying the proposed wavelength selection method achieves ONU group rescue rate higher than 20% the restoration method when the failure rate of the network device is 40%.
キーワード (和) 光アドホックネットワーク / アクセスネットワーク / 故障救済 / 波長割当 / / / /  
(英) Optical Ad Hoc Networking / Access Network / Disaster Recovery / Wavelength Allocation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 498, PN2016-87, pp. 17-23, 2017年3月.
資料番号 PN2016-87 
発行日 2017-02-27 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2017-03-06 - 2017-03-07 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Ohama Nobumoto Memorial Hall (Okinawa) 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2017-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN)における光アドホックネットワークの波長予約手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wavelength Reservation Method for Optical Ad Hoc Networking in the Elastic Lambda Aggregation Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光アドホックネットワーク / Optical Ad Hoc Networking  
キーワード(2)(和/英) アクセスネットワーク / Access Network  
キーワード(3)(和/英) 故障救済 / Disaster Recovery  
キーワード(4)(和/英) 波長割当 / Wavelength Allocation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊佐治 義大 / Yoshihiro Isaji / イサジ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 丈博 / Takehiro Sato / サトウ タケヒロ
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第3著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第4著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-06 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2016-87 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.498 
ページ範囲 pp.17-23 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-PN-2017-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会