電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 14:50
仮想プログラマブル光エッジを用いた省電力エッジコンピューティング
松本 隼佐藤丈博岡本 聡山中直明慶大)・須貝和雄村中孝行アラクサラネットワークス
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数のハードウェア(CPU,FPGA,LSI等)の組み合わせにより構成される再構成可能通信処理プロセッサを用いたプログラマブル光エッジ(PPE: Programmable Photonic Edge)が提案されている.本稿では,リソースプール化によるハードウェア利用の高効率化を目的としてPPEの仮想化を提案,QoSおよび省電力性の観点からエッジコンピューティング的利用に供するハードウェアリソース割当手法について最適化問題を定式化,基礎検討として2つの簡易アルゴリズムについて特性評価を実施,アルゴリズム設計要件を明確化する. 
(英) The concept of Programmable Photonic Edge (PPE) has been proposed which uses reconfigurable communication processers composed of multiple hardware such as CPU, FPGA, and LSI. This paper proposes virtualization of PPE for the sake of high utilization rate of these hardware as resource pool. We formulate the optimization problem of hardware resource allocation for edge computing in terms of QoS and power consumption, and clarify the requirements of the algorithm development with the performance analysis of two simple algorithms as basis examination.
キーワード (和) 再構成可能 / 仮想化 / サービスチェイニング / エッジコンピューティング / / / /  
(英) Reconfigurable / Virtualization / Service chaining / Edge computing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-224, pp. 383-388, 2017年3月.
資料番号 NS2016-224 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想プログラマブル光エッジを用いた省電力エッジコンピューティング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low-Power Edge Computing over Virtual Programmable Photonic Edge 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 再構成可能 / Reconfigurable  
キーワード(2)(和/英) 仮想化 / Virtualization  
キーワード(3)(和/英) サービスチェイニング / Service chaining  
キーワード(4)(和/英) エッジコンピューティング / Edge computing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 隼 / Jun Matsumoto / マツモト ジュン
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 丈博 / Takehiro Sato / サトウ タケヒロ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 須貝 和雄 / Kazuo Sugai / スガイ カズオ
第5著者 所属(和/英) アラクサラネットワークス株式会社 (略称: アラクサラネットワークス)
ALAXALA Networks Corporation (略称: ALAXALA Networks)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村中 孝行 / Takayuki Muranaka / ムラナカ タカユキ
第6著者 所属(和/英) アラクサラネットワークス株式会社 (略称: アラクサラネットワークス)
ALAXALA Networks Corporation (略称: ALAXALA Networks)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-224 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.383-388 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会