電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:10
End-to-Endサービス実現のためのCog Network
小池 新末田欣子肥後直樹NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) End-to-Endのサービスを実現する上で,End-to-EndのIPネットワークをそのまま利用するだけではサービス提供が困難な事例が散見されてきた.特にネットワーク化された社会システムでは,機能間を単純にネットワークで接続し,エンドシステムに解決を委ねることは適切ではない.そのために,End-to-EndのサービスをそのままEnd-to-EndのIPネットワークで提供するのではなく,IP網内に様々な上位レイヤのアシスト機能を具備するオーバーレイネットワークとそのアーキテクチャをCog Networkという概念とともに提案する. 
(英) We observe many end-to-end connected services that encounter difficulties if we only rely on end-to-end IP network connectivity. We believe it is less effective to realize services for networked society if we simply connect end-system functions each other and let end systems to solve any problems. Instead of providing end-to-end services by merely connecting each entity, we propose a concept of Cog Network by using overlay network architecture with functions that assist upper layer applications.
キーワード (和) ネットワークアーキテクチャ / Internet of Things / Cog Network / Overlay Network / / / /  
(英) Network Architecture / Internet of Things / Cog Network / Overlay Network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-203, pp. 265-270, 2017年3月.
資料番号 NS2016-203 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) End-to-Endサービス実現のためのCog Network 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cog Network for realizing End-to-End Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークアーキテクチャ / Network Architecture  
キーワード(2)(和/英) Internet of Things / Internet of Things  
キーワード(3)(和/英) Cog Network / Cog Network  
キーワード(4)(和/英) Overlay Network / Overlay Network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 新 / Arata Koike /
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 末田 欣子 / Yoshiko Sueda / スエダ ヨシコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 肥後 直樹 / Naoki Higo / ヒゴ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-203 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.265-270 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会