電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:25
IoT機器向け一次電池高精度残量推定システムの開発
塩浦裕文吉田直樹林 磊福井正博立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IoTデバイスの普及により,小型の一次電池の需要が見込まれるが,正確な電池の交換時期の把握が求められる。しかし,電池の残量は,使用状況や温度などによって変化し,電池の残量を高精度に把握することは難しい.そこで我々は,様々な条件を考慮した電池の高精度残量推定システムの開発を行っている.本稿では,逐次最小二乗法を用いた一次電池の残量推定方法の実装について述べる.電流積算法による残量推定方法と比較し,精度について評価する. 
(英) Due to the spread of portable devices, small primary batteries are used in various places. Due to the attention of IoT, demand for small primary batteries is expected in the future, and there is a need to know the accurate timing of battery replacement. However, state-of-charge varies depending on the usage situation and temperature, and it is difficult to know state-of-charge with high accuracy. Therefore, we are developing a highly accurate battery charge estimation system considering various conditions. In this paper, we describe the implementation of the method for estimating the state-of-charge of primary battery using the recursive least squares method. Compared with the remaining amount estimation method by the current integration method, the accuracy is evaluated.
キーワード (和) 一次電池 / 電流積算法 / 逐次最小二乗法 / / / / /  
(英) primary battery / current integration method / recursive least squares method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 478, VLD2016-123, pp. 115-120, 2017年3月.
資料番号 VLD2016-123 
発行日 2017-02-22 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2017-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoT機器向け一次電池高精度残量推定システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A precise state-of-charge estimation system of primary battery for IoT devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 一次電池 / primary battery  
キーワード(2)(和/英) 電流積算法 / current integration method  
キーワード(3)(和/英) 逐次最小二乗法 / recursive least squares method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩浦 裕文 / Hirofumi Shioura / シオウラ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 直樹 / Naoki Yoshida / ヨシダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 磊 / Lei Lin / リン ライ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 正博 / Masahiro Fukui / フクイ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2016-123 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会