電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:50
高遅延高パケットロス率環境におけるコネクションを考慮したHTTP/2通信性能の向上に関する一考察
小田尚輝山口実靖工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ウェブページの転送プロトコルとしてHTTP/2が提案され,今後は本プロトコルが普及していくと予想される.HTTP/2では,HTTP/1.xのHoLブロッキング問題の単一コネクションによる解決手法が採用されている.本稿ではHTTP通信の性能評価を行い,単一コネクションのHTTP/2の通信が多くの環境にて多コネクションのHTTP/1.1の通信と同等の性能を提供できることと,高遅延高パケットロス率環境にて同等の性能を提供できないことを示す.そして,TCP輻輳制御アルゴリズムの振る舞いを示し,HTTP/2が高遅延高パケットロス率環境にて高い性能を提供できない理由が低い輻輳ウィンドウの値にあることを示す. 
(英) which is a new hypertext transfer protocol, has been proposed and documented. The protocol aims to solve HoL blocking problem of HTTP/1.x with a single connection. In this paper, we evaluate transferring performances using HTTP/1.1 and HTTP/2. We then shows that HTTP/2 can provide comparable performance with HTTP/1.1 with multiple connection in many cases, and cannot provide in a situation with high latency and high packet loss rate. After the evaluation, we reveals the behavior of TCP congestion control algorithm and demonstrate that the reason of the low performance is its congestions window size.
キーワード (和) HTTP/2 / TCPコネクション / 輻輳ウィンドウ / / / / /  
(英) HTTP/2 / TCP connection / Congestion Window / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-213, pp. 319-324, 2017年3月.
資料番号 NS2016-213 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高遅延高パケットロス率環境におけるコネクションを考慮したHTTP/2通信性能の向上に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Throughput Improvement of Communication using HTTP/2 on Network with High Latency and High Packet Loss Rate 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HTTP/2 / HTTP/2  
キーワード(2)(和/英) TCPコネクション / TCP connection  
キーワード(3)(和/英) 輻輳ウィンドウ / Congestion Window  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 尚輝 / Naoki Oda / オダ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 実靖 / Saneyasu Yamaguchi / ヤマグチ サネヤス
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-213 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.319-324 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会