電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 13:20
[特別講演]2個のトランジスタによる電流帰還対を用いた広帯域増幅器
丸山有彗石川 亮本城和彦電通大エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-210 ICD2016-140
抄録 (和) 2016年度学生マイクロ波回路設計試作コンテストのテーマは広帯域増幅器の設計試作であった.
増幅器の広帯域化の手段として負帰還増幅器がある.
そこで今回負帰還増幅器をベースに設計を進めた.
その際に1段のバイポーラトランジスタにエミッタ抵抗を追加して電流帰還をかける手法では低周波数域の利得を抑えきれず比帯域を大きくできない問題があった.
そこで今回は2組のトランジスタをひと組の対として,その対の中でたがいに電流帰還をかけ合う構成を採用することで広帯域に利得を上げることができ平坦な利得を得ることができた.
シミュレーション結果を元に試作を行い,比帯域181%と良好な周波数特性を確認した. 
(英) The theme of the Microwave Circuit Design Universiade 2016 was design and fabrication of a wideband amplifier.
There is a negative feedback amplifier as a means for broadening the band of the amplifier.
Then, I selected with a method of applying current feedback by adding an emitter resistance to a bipolar transistor,it was confirmed that the gain in the low frequency range could not be suppressed and the fractional bandwidth could not be increased.
Thus,a current-feedback pair configulation by using two transistors was adopted.
The method was possible to obtain a flat gain even in a high band.
Fabricated amplifier obtained 181% fractional bandwidth.
キーワード (和) マイクロ波 / 広帯域増幅器 / 電流帰還対 / / / / /  
(英) Microwave / Broadband amplifier / Current feedback pair / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 486, MW2016-210, pp. 123-126, 2017年3月.
資料番号 MW2016-210 
発行日 2017-02-23 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MW ICD  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 岡山県立大学 
開催地(英) Okayama Prefectural Univ. 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-03-MW-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2個のトランジスタによる電流帰還対を用いた広帯域増幅器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Broadband Amplifier Using Current Feedback Pair of Two Transistors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波 / Microwave  
キーワード(2)(和/英) 広帯域増幅器 / Broadband amplifier  
キーワード(3)(和/英) 電流帰還対 / Current feedback pair  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 有彗 / Arisu Maruyama / マルヤマ アリス
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 亮 / Ryo Ishikawa / イシカワ リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本城 和彦 / Kazuhiko Honjo / ホンジョウ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2016-210,IEICE-ICD2016-140 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.486(MW), no.487(ICD) 
ページ範囲 pp.123-126 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2017-02-23,IEICE-ICD-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会