お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 13:00
エラートレラントアプリケーションのための論理回路の許容関数を用いた簡単化手法について
岩崎真弥市原英行岩垣 剛井上智生広島市大VLD2016-128
抄録 (和) エラートレラントアプリケーションとは,画像処理や機械学習のように出力の多少の誤差が許容されているアプリケーションである.このようなアプリケーションで使用することを目的とした論理回路では,アプリケーションの許容性を利用して論理を簡単化することができる.本研究では,許容関数を用いたエラートレラントアプリケーションのための論理回路の簡単化問題に着目する.この簡単化問題を効率的に解くために許容関数をBDD(Binary Decision Diagram,二分決定図)で表現し,BDDの特徴を利用した効率的なヒューリスティックアルゴリズムを提案する.実験では,本最適化問題を整数計画(ILP,Integer Linear Programming)問題に変換し,ILPソルバで解く方法も示し,提案手法と比較する.この比較により,提案アルゴリズムは実用的な時間で最適解または準最適解を求められることを示す. 
(英) Error-tolerant application, such as image processing, machine learning and so on, is application that can tolerate specific errors, whose frequency and/or severity are within certain limits. This error tolerability is greatly instrumental in simplifying logic circuits for such application. In this paper, we focus on logic simplification problem using permissible functions for error-tolerant application. To solve this problem efficiently, we represent permissible functions with BDDs (Binary Decision Diagrams) and propose heuristic algorithms for solving this problem by utilizing characteristics of the BDD representation. In experiment, we also present a scheme to solve this problem with ILP (Integer Linear Programming) solver and compare the obtained optimum solutions with our results. Experimental results show that the proposed algorithm can derive optimum or quasi-optimal solutions efficiently.
キーワード (和) トランスダクション法 / 誤り率 / ドントケア / 等価性判定 / 包含性判定 / / /  
(英) transduction method / error rate / don't-care / equivalence checking / inclusion checking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 478, VLD2016-128, pp. 145-150, 2017年3月.
資料番号 VLD2016-128 
発行日 2017-02-22 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2016-128

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2017-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エラートレラントアプリケーションのための論理回路の許容関数を用いた簡単化手法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Approach to Logic Optimization Using Permissible Functions for Error-Tolerant Application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トランスダクション法 / transduction method  
キーワード(2)(和/英) 誤り率 / error rate  
キーワード(3)(和/英) ドントケア / don't-care  
キーワード(4)(和/英) 等価性判定 / equivalence checking  
キーワード(5)(和/英) 包含性判定 / inclusion checking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 真弥 / Shinya Iwasaki / イワサキ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市原 英行 / Hideyuki Ichihara / イチハラ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩垣 剛 / Tsuyoshi Iwagaki / イワガキ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 智生 / Tomoo Inoue / イノウエ トモオ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2016-128 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会