お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:50
移動制御可能なFlying Routerを用いた情報指向ネットワーク
北川 拓阪大)・阿多信吾阪市大)・オム スーヨン村田正幸阪大IN2016-140
抄録 (和) ICN (Information Centric Networking) は名前で経路制御を行うネットワークアーキテクチャであり,名前を活用した柔軟な制御が可能であることからIoTの通信基盤として注目されている.ICNを用いた既存の制御としては,エンドデバイスのデータ処理や物理制御などが検討がされているが,中継ノードの物理制御についてはあまり検討されていない.本稿ではICNの柔軟な制御の有用性を向上させるために,中継ノードの物理制御として「移動」に着目し,ドローンを用いた移動制御可能なルータ(FR: Flying Router)を導入する.そして,直接的な接続性を有さない無線ノード間の通信をFRの移動を介して実現する手法としてRMICN (Router-Movable ICN)を提案・設計し,ルータの移動制御をICNで行う設計上の利点を示す.また,RMICNが分断ネットワーク間の通信手法としてコンテンツ取得時間において優れていることを計算機シミュレーションにより示す. 
(英) ICN (Information Centric Networking) performs routing control by name of contents, and it is expected as a communication platform for IoT, because names can be used not only for information retrieval but also for physical controls of devices. In this paper, we focus on "movement" of routing nodes by ICN, and consider a mobility-controllable router (FR: Flying Router), which has a capability of physical movement controlled by {em names} of ICN. Then, we propose RMICN (Router-Movable ICN) as networking to realize disjoint-networks communication with FRs. We also show mobility-controlled routers in which content retrieval time can be shorten in RMICN by computer simulation.
キーワード (和) 情報指向ネットワーク / NDN (Named Data Networking) / ネットワーク内制御 / 移動可能なルータ / パス・プランニング / / /  
(英) ICN (Information Centric Networking) / NDN (Named Data Networking) / in-network processing / movable router / path planning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-140, pp. 257-262, 2017年3月.
資料番号 IN2016-140 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-140

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動制御可能なFlying Routerを用いた情報指向ネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mobility-Controlled Flying Routers for Information Centric Networking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報指向ネットワーク / ICN (Information Centric Networking)  
キーワード(2)(和/英) NDN (Named Data Networking) / NDN (Named Data Networking)  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク内制御 / in-network processing  
キーワード(4)(和/英) 移動可能なルータ / movable router  
キーワード(5)(和/英) パス・プランニング / path planning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 拓 / Taku Kitagawa / キタガワ タク
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿多 信吾 / Shingo Ata / アタ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) オム スーヨン / Eum Suyong / オム スーヨン
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-140 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.257-262 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会