お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:30
転送待機時間に基づくOpportunistic Routingにおける適応的待機時間係数制御の特性解析
山崎 託早大)・山本 嶺電通大)・國立忠秀矢崎総業)・田中良明早大NS2016-212
抄録 (和) アドホックネットワークの適用対象として,自動車の車内配線など多数の有線配線を無線に置き換えることが検討されている.このような環境下では,通信品質は様々な要因に応じて大きく変動するため,転送経路を適応的に選択する必要がある.従来提案されている転送待機時間に基づくOpportunistic routingでは,各端末がもつホップ数を利用して算出される転送待機時間に基づき中継端末を選択する.しかし,適切な中継端末選択を行うためには,待機時間算出時の係数を適切な値に設定することが必要となるが,適切な値は通信性能,通信環境,中継端末数など様々な要因に応じて変化する.また,従来手法では,全端末が同一の定数を待機時間算出の基となる係数として共有する必要があるため,環境に応じた値を設定することが困難となる.本稿では,環境に応じて各端末が待機時間係数を適応的に設定する係数制御手法を提案する. 
(英) As an application of ad hoc networks, it has been studied to replace wire harnesses with wireless harnesses. In the environment, it is required to select a forwarding path since each link quality is varied by a various factors such as interferences. As one of the solution to the issue, backoff-based opportunistic routing protocols that make a forwarding decision based on a backoff time have been proposed. However, they need to set an appropriate backoff coefficient for selecting forwarders effectively. Moreover, appropriate value of the coefficient is different since it is affected by number of potential forwarders and so on. However, it is necessary to share the same fixed value among all terminals to make their forwarding decision. In this paper, we propose a novel adaptive coefficient control for adapting each local environment without setting a common coefficient.
キーワード (和) アドホックネットワーク / Opportunistic Routing / 転送待機時間 / 適応的係数算出 / / / /  
(英) ad hoc network / opportunistic routing / backoff / adaptive coefficient control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-212, pp. 313-318, 2017年3月.
資料番号 NS2016-212 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-212

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 転送待機時間に基づくOpportunistic Routingにおける適応的待機時間係数制御の特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Analysis of Adaptive Coefficient Control in Backoff-based Opportunistic Routing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) Opportunistic Routing / opportunistic routing  
キーワード(3)(和/英) 転送待機時間 / backoff  
キーワード(4)(和/英) 適応的係数算出 / adaptive coefficient control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 國立 忠秀 / Tadahide Kunitachi / クニタチ タダヒデ
第3著者 所属(和/英) 矢崎総業株式会社 (略称: 矢崎総業)
YAZAKI CORPORATION (略称: YAZAKI CORP.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-212 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.313-318 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会