お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 15:40
Struggling against New-Born Malwares Attached to Mails
Motoyuki OhmoriNaoki MiyataKiyoyuki NakashimaKenichi TakahashiTottori Univ.SITE2016-70 IA2016-100
抄録 (和) We, Tottori University, have been experiencing targeted attacks using malicious mails especially since fiscal year 2016.
Those malicious mails contain {it malwares} such as viruses themselves or down-loaders.
While some of those malwares are well-known to anti-virus softwares, others are not even to the state-of-the-art next-generation Intrusion Detection System (IDS) and/or Intrusion Prevention System (IPS).
There is no reasonable way especially for small organizations like us, who cannot employ the state-of-the-art anti-virus equipment, to detect and prevent such new-born malwares.
Those malwares then reach at end users, and end users may excute them and get infected.
We then did not know what to do, and we thought that what all we could do was just to wait for our members to get infected.
We, however, have found that there are not so many mails attached files.
We have then decided to detect all attached files in mails, and been trying to quarantine malwares based upon empirical approaches.
This paper present our findings, experiences and efforts. 
(英) We, Tottori University, have been experiencing targeted attacks using malicious mails especially since fiscal year 2016.
Those malicious mails contain {it malwares} such as viruses themselves or down-loaders.
While some of those malwares are well-known to anti-virus softwares, others are not even to the state-of-the-art next-generation Intrusion Detection System (IDS) and/or Intrusion Prevention System (IPS).
There is no reasonable way especially for small organizations like us, who cannot employ the state-of-the-art anti-virus equipment, to detect and prevent such new-born malwares.
Those malwares then reach at end users, and end users may excute them and get infected.
We then did not know what to do, and we thought that what all we could do was just to wait for our members to get infected.
We, however, have found that there are not so many mails attached files.
We have then decided to detect all attached files in mails, and been trying to quarantine malwares based upon empirical approaches.
This paper present our findings, experiences and efforts.
キーワード (和) セキュリティ / 標的型攻撃 / メール添付 / マルウェア / 異常検知 / / /  
(英) security / targeted attacks / mail attachment / malware / anomaly detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 491, IA2016-100, pp. 51-56, 2017年3月.
資料番号 IA2016-100 
発行日 2017-02-24 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2016-70 IA2016-100

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2017-03-03 - 2017-03-04 
開催地(和) カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) 
開催地(英) Culture Resort Festone (Okinawa) 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2017-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Struggling against New-Born Malwares Attached to Mails 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セキュリティ / security  
キーワード(2)(和/英) 標的型攻撃 / targeted attacks  
キーワード(3)(和/英) メール添付 / mail attachment  
キーワード(4)(和/英) マルウェア / malware  
キーワード(5)(和/英) 異常検知 / anomaly detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 幹之 / Motoyuki Ohmori / オオモリ モトユキ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 直輝 / Naoki Miyata / ミヤタ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 清之 / Kiyoyuki Nakashima / ナカシマ キヨユキ
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 健一 / Kenichi Takahashi / タカハシ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2016-70,IEICE-IA2016-100 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.490(SITE), no.491(IA) 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2017-02-24,IEICE-IA-2017-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会