お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 13:40
稠密無線LAN環境でのAirtime Fairnessを実現するAP/STA協調型AP選択手法
山田晋也塚本和也九工大NS2016-239
抄録 (和) 近年,公共施設での無線LANアクセスポイント(AP)の設置の一般化や,移動端末(STA)への無線LANインターフェース搭載の標準化により,あるエリアに多数のAPとSTAが密集して配置される稠密無線LAN環境が現実のものとなっている.
この稠密無線LAN環境では,各STAが通信を行う際のAirtimeの差異に起因するPerformance Anomaly問題やチャネル競合による送信待機,隠れ端末問題によるフレームロスにより通信性能が劣化する.
しかし通常STAは,隣接する複数のAPから受信するビーコンのうち,受信信号強度が最も大きなAPに接続するため,上記の問題を考慮できず,接続後の通信性能は保証できない.
そこで本研究では,まず,PA問題を回避可能なチャネル選択行い,その後,
CSMA/CAによる通信待機時間の増加や隠れ端末問題によるフレームロスを考慮した予測スループットをAP毎に算出し,適切なAP選択を行う手法を提案した.
提案手法の有効性をシミュレーションにより調査した結果,隠れ端末ありの環境下において,各STAがAirtime Fairnessを実現するチャネルを選択しつつ,高いスループットを提供可能なAPを選択するため,エリア内の各STAのスループット平滑化に加え,平均スループットを32%向上できることを示した. 
(英) Recently, huge amount of Wireless LAN access points (APs) are widely deployed in public spaces such as station and park and WLAN interface is commonly installed in mobile station (STAs) such as smart phones.
Hence, ultra dense WLAN environment will be likely to appear in the near future. In this ultra dense WLAN deployment, the communication performance is drastically decreased due to the performance anomaly problem caused by the deference between STA's airtime.
Moreover, the transmission delay is inherently increased due to not only frame collision but also frame losses by the hidden terminal problem.
However, since STA commonly connects an AP with the highest received signal strength indicator (RSSI) obtained from received beacon packets, from among all neighboring APs.
Since RSSI does not consider the overhead of higher (upper than MAC) layer,communication performance cannot be guaranteed by RSSI.
Therefore, in this paper, we propose a new AP selection scheme.
First, our proposed scheme selects a channel that can avoid the performance anomaly problem.
Second, an AP with the highest estimated throughput performance is selected. The transmission waiting time and collision rate of beacon packets are used to estimate the throughput performance.
Through simulation experiment, we demonstrated that our proposed scheme can achieve airtime fairness of all channels, while improving the average throughput performance by 32%.
キーワード (和) 稠密無線LAN環境 / 隠れ端末問題 / Performance Anomaly / AP選択 / / / /  
(英) Ultra Dense WLAN environment / Hidden Terminal Problem / Performance Anomaly / AP selection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-239, pp. 469-474, 2017年3月.
資料番号 NS2016-239 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-239

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 稠密無線LAN環境でのAirtime Fairnessを実現するAP/STA協調型AP選択手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distributed Cooperative Access Point Selection for Airtime Fairness in Dence WLAN Deployment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 稠密無線LAN環境 / Ultra Dense WLAN environment  
キーワード(2)(和/英) 隠れ端末問題 / Hidden Terminal Problem  
キーワード(3)(和/英) Performance Anomaly / Performance Anomaly  
キーワード(4)(和/英) AP選択 / AP selection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 晋也 / Shinya Yamada / ヤマダ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-239 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.469-474 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会