お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 11:40
ライブストリーミング形P2PTVアプリケーションにおけるトラヒックのモデル化と比較
武内直喜三好 匠芝浦工大)・オリヴィエ フルモーUPMCNS2016-210
抄録 (和) 近年の動画利用者の増加に伴い,P2P(Peer-to-peer)方式を利用した映像配信サービス(P2PTV)が注目されている.P2PTVではユーザ端末(ピア)同士でデータのやり取りを行うため,サーバへの負荷集中を軽減することが可能である.一方,P2P通信では通信相手となるピアが世界各地に分布しており,トラヒックが世界中に分散してしまうため,P2PTVトラヒックの予測が困難となる.そのため,P2PTVトラヒックの特性分析は通信事業者にとって大きな課題となっている.P2PTVトラヒック分析に関する従来研究は多く存在するが,トラヒックのモデル化については十分に検討されていない.本稿では,ライブストリーミング形P2PTVアプリケーションのPPTV,SopCast,PPStreamにおいてトラヒックの特性分析と予測手法について検討した.結果より,各アプリケーションの挙動や発生するトラヒックの特性について把握することができた.また,特徴量を累積確率分布で表現することによって,統計的にP2PTVトラヒックをモデル化することに成功した.最後に,結果をもとにP2PTVトラヒックの再現を行った. 
(英) In recent years, video traffic has been increasing due to the huge demands for video streaming services. Peer-to-peer (P2P) video streaming services (P2PTV) have attracted attention as a solution to decrease the server load because P2P communication can distribute the video data to peers. However, the random peer selection mechanisms lead to the worldwide spread of P2PTV traffic, and thus it is a large issue to analyze the characteristics of P2PTV traffic. While several traffic measurements have revealed the characteristics of P2PTV traffic, these studies do not focus on how to model it. This paper examined the characteristics and prediction method of P2PTV traffic in P2PTV live streaming applications, PPTV, SopCast and PPStream. As a result, we achieved to reveal several characteristics of each P2PTV application. Furthermore, we modeled P2PTV traffic statistically by cumulative distribution functions (CDFs). Finally, we could reproduce the P2PTV traffic based on the model we obtained.
キーワード (和) P2PTV / PPTV / SopCast / PPStream / ライブストリーミング形 / トラヒック分析 / モデル化 /  
(英) P2PTV / PPTV / SopCast / PPStream / Live streaming / Traffic analysis / Modeling /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-210, pp. 303-308, 2017年3月.
資料番号 NS2016-210 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-210

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ライブストリーミング形P2PTVアプリケーションにおけるトラヒックのモデル化と比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Traffic Modeling and Comparison on P2PTV Live Streaming Applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2PTV / P2PTV  
キーワード(2)(和/英) PPTV / PPTV  
キーワード(3)(和/英) SopCast / SopCast  
キーワード(4)(和/英) PPStream / PPStream  
キーワード(5)(和/英) ライブストリーミング形 / Live streaming  
キーワード(6)(和/英) トラヒック分析 / Traffic analysis  
キーワード(7)(和/英) モデル化 / Modeling  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武内 直喜 / Naoki Takeuchi / タケウチ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) オリヴィエ フルモー / Olivier Fourmaux / オリヴィエ フルモー
第3著者 所属(和/英) ピエール&マリ・キュリー大学 (略称: UPMC)
UPMC Sorbonne Universités (略称: UPMC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-210 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.303-308 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会