お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 13:00
無線LANの保有アクセスポイント割当問題のチャネル割当における部分干渉チャネルの考慮
田島滋人阪大)・舩曵信生岡山大)・東野輝夫阪大NS2016-237
抄録 (和) 本グループでは,IEEE802.11無線LANにおいて,ネットワークフィールド上の端末(ホスト)の状況に応じて,保有するアクセスポイント(AP)の配置とそのチャネル割当の最適化を行う,保有アクセスポイント割当アルゴリズムの提案を行ってきた.その際,互いに干渉しない複数のチャネルを対象としている.しかし,IEEE802.11規格では,部分的に干渉するチャネルが非干渉チャネル間に定義されており,それを利用することで,更なる性能の向上が期待できる.そこで,本研究では,部分干渉チャネルのモデル化により,それを利用したチャネル割当の拡張を行う.単純なトポロジーに対するシミュレーションにより,本拡張の有効性を示す. 
(英) Previously, we have proposed the holding access-point (AP) assignment algorithm for IEEE802.11 wireless local-area networks, which selects the proper AP type from the holding APs to each AP location in the network field, and assigns its proper channel depending on the network congestions. Unfortunately, this channel assignment uses only non-interfered channels, although a much larger number of partially interfered channels have been defined for IEEE802.11 protocols, and by adopting them, the improvement of the network performance can be expected. In this paper, we extend the channel assignment of the holding AP assignment algorithm by modeling the partially interfered channels. The effectiveness of our proposal is verified through simulations in simple topology instances.
キーワード (和) 無線LAN / 保有アクセスポイント / 割当アルゴリズム / 組合せ最適化問題 / チャネル割当 / チャネル間干渉 / /  
(英) Wireless local-area network / holding access-point / assignment algorithm / combinatorial optimization problem / channel assignment / channel interference / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-237, pp. 457-462, 2017年3月.
資料番号 NS2016-237 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-237

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANの保有アクセスポイント割当問題のチャネル割当における部分干渉チャネルの考慮 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration of Partial Channel Interference in Channel Assignment for Holding Access-Point Assignment Problem in Wireless Local-Area Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless local-area network  
キーワード(2)(和/英) 保有アクセスポイント / holding access-point  
キーワード(3)(和/英) 割当アルゴリズム / assignment algorithm  
キーワード(4)(和/英) 組合せ最適化問題 / combinatorial optimization problem  
キーワード(5)(和/英) チャネル割当 / channel assignment  
キーワード(6)(和/英) チャネル間干渉 / channel interference  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 滋人 / Shigeto Tajima / タジマ シゲト
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩曵 信生 / Nobuo Funabiki / フナビキ ノブオ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 輝夫 / Teruo Higashino / ヒガシノ テルオ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-237 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.457-462 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会