お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:10
MANET-DTN統合ネットワークの実装評価
松本卓也水野 修工学院大IN2016-138
抄録 (和) 都市部で災害が発生した際,被災者の安否情報や電車の運行情報等,多くの情報が要求されることが考えられる.しかし既存のインフラによる通信は停電や輻輳等のため使用できない恐れがある.その様な状況で,移動端末同士でネットワークを構築するモバイルアドホックネットワ-ク(MANET)が有効である.本提案では通常のMANETに加え,Delay Tolerant Network(DTN)を組み合わせることで,ノードの数にばらつきによるトポロジの変化に対応したネットワークの構築を実現する.本稿では,これまでの提案手法の実機評価を行ったのでこれを報告する. 
(英) When a disaster occurs in an urban area, it is conceivable that a lot of information such as safety information of the victims and traffic information are required. However, communication by the existing infrastructure may be unusable because of power failure, congestion, etc. Under such circumstances, Mobile Ad Hoc Network (MANET) is effective. In this proposal, we propose the method that correspond to movement of nodes by network that combining Delay Tolerant Network (DTN) and MANET.In this paper, we reported evaluation of proposal method.
キーワード (和) アドホックネットワーク / MANET / DTN / データ配信 / / / /  
(英) Ad-hoc Network / MANET / DTN / Data distribution / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-138, pp. 245-250, 2017年3月.
資料番号 IN2016-138 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-138

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MANET-DTN統合ネットワークの実装評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation and Evaluation of MANET-DTN Integrated Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad-hoc Network  
キーワード(2)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(3)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(4)(和/英) データ配信 / Data distribution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 卓也 / Takuya Matsumoto / マツモト タクヤ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Osamu Mizuno / ミズノ オサム
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-138 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.245-250 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会