お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 15:55
分岐光線路における損失変動検出方法の研究(7)
遠藤隆昭長瀬 亮千葉工大EMD2016-109 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2016-109
抄録 (和) 防災を目的としたモニタリングシステムの構築に,光ファイバセンシングは有効である.高精度で広域なセンシングシステムを構築することが望ましく,分岐光線路を用いた損失変動検出はセンシング範囲の広域化が可能になる一方で,複数のセンシング対象においては検出が困難であった.我々は計算手法の改良によって,線路ごとの総損失変動を検出する手法を見い出したが,同一線路上の損失変動の切り分けは依然として難しい.今回,リファレンスに用いる初期状態に推移途中の経過データを用いることで,異なるタイミングで発生した同一線路上の損失を切り分ける手法を提案する. 
(英) The sensing for disaster prevention is fiber optic sensing is effective. A widespread and accuracy monitoring systems have been proposed to be installed. The branched fibers system enables the measuring range to wide. However, the multi-points detection was difficult. Especially, we have found the detection of the multi-faults on same line. We propose to be utilized the transit response for reference.
キーワード (和) 光ファイバ / 分岐光線路 / OTDR / / / / /  
(英) Optical fiber / branched fibers / OTDR / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 492, EMD2016-109, pp. 41-44, 2017年3月.
資料番号 EMD2016-109 
発行日 2017-02-24 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2016-109 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2016-109

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2017-03-03 - 2017-03-03 
開催地(和) 千葉工業大学 津田沼キャンパス 6号館612講義室 
開催地(英)  
テーマ(和) ショートノート (卒論・修論特集) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2017-03-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分岐光線路における損失変動検出方法の研究(7) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on loss variation measurement of branched fibers(7) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ / Optical fiber  
キーワード(2)(和/英) 分岐光線路 / branched fibers  
キーワード(3)(和/英) OTDR / OTDR  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 隆昭 / Takaaki Endo / エンドウ タカアキ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長瀬 亮 / Ryo Nagase / ナガセ リョウ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 15:55:00 
発表時間 15 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2016-109 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.492 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2017-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会