電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 14:50
モバイルトラヒックがvEPC最適リソース割当に与える影響
田辺和輝東工大)・中山裕貴林 經正BOSCO)・山岡克式東工大
抄録 (和) 本研究では,M2M端末およびスマートフォン等その他端末が混在するモバイルコアネットワークを対象とし,単一のvEPCサーバにおける,MMEおよびS/P-GWの最適リソース割当方式を提案する.本研究では,MMEおよびS/P-GWを待ち行列理論によりモデル化し,S/P-GWの平均パケット処理時間を各通信の許容遅延以内に抑えつつ,M2Mセッションの呼損率最小化を目的とする.M2M・スマートフォン両通信の許容遅延や,スマートフォンセッションの平均サービス時間といった,トラヒック条件の変動が最適リソース割当に与える影響に関して数値解析を行った結果,本研究のモデル設定では,許容遅延の比が大きいほど,また,スマートフォンセッションの平均サービス時間が大きいほど,両セッションの呼損率が増加することが明らかになった. 
(英) In this paper, we propose a method for optimizing resource assignment of C-plane and D-plane Virtualized Network Functions (VNFs) in a vEPC server. We distinguish the communications of M2M devices and smartphones and model the vEPC server by using queueing theory. Numerical analysis of optimal resource assignment is done under various traffic conditions e.g. allowable delay of each communication and mean service time of smartphone sessions. Results of numerical analysis showed that blocking rates of both sessions increase when the ratio of allowable delays is large or mean service time of smartphone sessions is long.
キーワード (和) NFV / vEPC / M2M / 5G / 待ち行列理論 / / /  
(英) NFV / vEPC / M2M / 5G / Queueing theory / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-151, pp. 323-328, 2017年3月.
資料番号 IN2016-151 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルトラヒックがvEPC最適リソース割当に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of Mobile Traffic on vEPC Optimal Resource Assignment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(2)(和/英) vEPC / vEPC  
キーワード(3)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(4)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(5)(和/英) 待ち行列理論 / Queueing theory  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 和輝 / Kazuki Tanabe / タナベ カズキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 裕貴 / Hiroki Nakayama / ナカヤマ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 經正 / Tsunemasa Hayashi / ハヤシ ツネマサ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-151 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.323-328 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会