お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 15:30
省電力経路集約における転送性能を考慮した利用リンク決定アルゴリズム
頼近惇志川原憲治九工大IN2016-162
抄録 (和) 近年のインターネットの普及拡大に伴うルータやスイッチなどのネットワーク機器における消費電力の増加により,ネットワーク全体を考慮した省電力化の重要性が高まっている.その手法として低利用率リンク/ルータを経由するトラヒックを他経路へ集約し,未使用リンク/ルータを低消費電力状態に(もしくは切断/通電遮断)する省電力経路集約が有効である.これまで高次数ノード群を起点とする最短経路木を構成するリンクのみを利用してトラヒック集約するXEAR(eXtended Energy Aware Routing)を提案しているが,転送性能を考慮する場合,起点ノードとして最高次数ノードを採用することや最短経路木作成手法の妥当性は不明瞭である.さらに,転送トラヒック増加時に転送性能の劣化を抑制するために最短経路木に加えて転送に利用するリンクの効果的な追加方法を検討する必要がある.そこで本研究では,転送性能を考慮した最適な起点ノードの選択手法,最短経路木作成手法,および,追加リンク選択手法を検討し,ネットワーク省電力化における利用リンク決定アルゴリズムとして提案,その有効性を示す. 
(英) As the Internet grows explosively and network components such as routers and switches increase, they consume electric power more and more, thus network greening becomes the most important issue. When the utilization of some links/routers are relatively low and traffic flows transmitted on them can be detoured via other paths, it would be effective for energy saving of these links/routers to cut off/change their states to low-power activation. In XEAR(eXtended Energy Aware Routing), traffic are aggregated on the only links composing shortest path trees (SPTs) from higher degree nodes. However, with considering transmission performance on the topology of SPTs, it is not clear for optimizing perfromance to select such node as origin one of SPT and to construct SPT with the common manner. Moreover, when traffic gets increasing, it should be investigated how to choose additonal links on the SPT to mitigate the performance degradation. Therefore in this paper, we investigate the impact of some schemes of the origin node selection, the construction of SPT and the additional link selection on performance and propose the link selection algorithm for achieving network greening with considering transmission performance.
キーワード (和) 省電力経路制御 / EAR(Energy Aware Routing) / 最短経路木 / リンク多重度 / / / /  
(英) Routing for Network Greening / EAR(Energy Aware Routing) / Shortest Path Tree / Link Multiplicity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-162, pp. 389-394, 2017年3月.
資料番号 IN2016-162 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-162

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 省電力経路集約における転送性能を考慮した利用リンク決定アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Selection Algorithm of Links to Aggregate Traffic for Network Greening with considering Transmission Performance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 省電力経路制御 / Routing for Network Greening  
キーワード(2)(和/英) EAR(Energy Aware Routing) / EAR(Energy Aware Routing)  
キーワード(3)(和/英) 最短経路木 / Shortest Path Tree  
キーワード(4)(和/英) リンク多重度 / Link Multiplicity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 頼近 惇志 / Atsushi Yorichika / ヨリチカ アツシ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-162 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.389-394 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会