お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 11:40
無線網を用いた微細・大量データ収集における重複データ集約/中継方式
照屋惇一川原憲治九工大IN2016-137
抄録 (和) 近年のM2M(Machine-to-Machine)技術の急速な発展に伴い,インターネットに接続するセンサ等のデバイスが増加している.また,移動性や設置の自由度を考慮すると,
無線環境における大量の微小サイズデータの収容が想定される.無線LANのデータリンクプロトコルであるCSMA/CA技術に基づくデータ収容ノードを仮定した場合,膨大数のデータ生成ノードから直接収容することは困難である.これまで生成ノードの一部が周囲の生成ノードからのデータを集約し収容ノードに中継する間接手法を提案し,その効果を示した.この手法は,宛先集約/中継ノードが同一である複数生成ノード間の
衝突の影響によりデータ収容率の改善に限界が生じる.そこで本研究では,1生成ノードのデータを複数のノードにおいて集約/中継する手法を提案し,適切な中継ノード数や中継ノードにおける送信待機時間について調査する. 
(英) In recent years, devices such as sensors connected to the Internet are increasing due to rapid development of M2M technology. Since the number of data transmissions from these devices would become huge whereas their size may be small, with considering the mobility of these devices, it is necessary to accommodate a huge number of small size data in wireless network environment. When a data accommodation node, i.e. AP, based on CSMA/CA is assumed, it is difficult to directly receive at AP from a huge number of data generation nodes. So far, we have proposed the indirection communication via aggregation/relay nodes, which are randomly selected from generation nodes, to improve the frame receiving rate at AP, However in this method, there would be perfromance limitation due to the collision among generation nodes transmitting frames to same aggregation/relay node. Therefore, in this paper, we propose the multiple aggregation/relay scheme from one generation node to overcome the above limitation, and investigate the optimal ratio of aggregation/relay nodes and the optimal aggregation time in a data transmission period.
キーワード (和) IEEE802.11 / CSMA/CA / シグナルキャプチャ効果 / 重複集約/中継 / / / /  
(英) IEEE802.11 / CSMA/CA / Capture Effect / Multiple Aggregation and Relay from a source node / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-137, pp. 239-244, 2017年3月.
資料番号 IN2016-137 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-137

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線網を用いた微細・大量データ収集における重複データ集約/中継方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiple Data Aggregation and Relay System for Collecting a Huge Amount of Small Size Data on Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE802.11 / IEEE802.11  
キーワード(2)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(3)(和/英) シグナルキャプチャ効果 / Capture Effect  
キーワード(4)(和/英) 重複集約/中継 / Multiple Aggregation and Relay from a source node  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 照屋 惇一 / Junichi Teruya / テルヤ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-137 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.239-244 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会