電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 13:20
許容発信試行回数の導入による非常時通信網の通信収容効率向上効果
加田 匠岡本卓也田辺和輝山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 非常時には,一般電話の多くが呼損となる.このとき,未接続状態の新規呼を優先的に接続するべきである一方,各ユーザの通話希望対象数は異なるため,複数箇所への接続を希望するその他再呼にも,収容の余地を与えるべきである.ここで,新規呼が接続されるまでに要する発信回数が,多少増加しても,ユーザには許容される.そこで本研究では,新規呼が満たすべき呼損率を,複数回の発信試行結果により定義し,新規呼の許容呼損率を緩和することにより,再呼の収容数増加を実現する,回線留保制御の閾値設定法を提案する.その際,再呼の到着が十分多く,かつその到着比率が新規呼に比べて十分大きいトラヒック状況を仮定し,新規呼のみの到着をモデル化することにより,閾値を近似的に導出する.このトラヒック条件下において,新規呼の許容発信試行回数が多いほど,新規呼の許容呼損率を満足した上で,再呼をより多く収容可能であることを,計算機シミュレーションにより示した. 
(英) Under emergency condition, a lot of general calls are blocked. Unconnected new calls should be connected more frequently. On the other hand, repeated call which they hope to connect to several places should have some room for accommodation. Even if the number of calls required until a new call is connected increases a little, it is allowed to the users to some extent. In this paper, the blocking rate of new call is defined as the consequence of several call trials. Then, we propose a method to set threshold in trunk reservation, which can accommodate more repeated calls by increasing the allowable blocking rate of new calls. We assume that a large number of repeated calls arrive and its arrival rate is much larger than that of new calls. We model arrival of only new calls and derive the approximated threshold. In this situation, the result of the computer simulation shows that more permissible transmission trials, more repeated calls can be accommodated, satisfying the allowable blocking rate of new calls.
キーワード (和) 回線留保制御 / 待ち行列理論 / 閾値制御 / 再呼 / 呼損率 / / /  
(英) Trunk reservation / Queueing theory / Threshold control / Repeated call / Blocking rate / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-147, pp. 299-304, 2017年3月.
資料番号 IN2016-147 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 許容発信試行回数の導入による非常時通信網の通信収容効率向上効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Accommodation Efficiency in Emergency Communication Network by Introducing Permissible Number of Transmission Trials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 回線留保制御 / Trunk reservation  
キーワード(2)(和/英) 待ち行列理論 / Queueing theory  
キーワード(3)(和/英) 閾値制御 / Threshold control  
キーワード(4)(和/英) 再呼 / Repeated call  
キーワード(5)(和/英) 呼損率 / Blocking rate  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加田 匠 / Takumi Kada / カダ タクミ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 卓也 / Takuya Okamoto / オカモト タクヤ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 和輝 / Kazuki Tanabe / タナベ カズキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-147 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.299-304 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会