電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 13:40
[特別講演]電圧帰還対を用いた二段広帯域負帰還増幅器の設計と試作評価
大塚啓人石川 亮本城和彦電通大エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-211 ICD2016-141
抄録 (和) 電子情報通信学会マイクロ波研究会が主催する2016年度学生マイクロ波設計試作コンテストの広帯域増幅器設計において,試作・設計目標である高帯域特性を実現するために,負帰還増幅器を二段に縦続接続し,さらに二段目の出力を一段目に直列帰還する電圧帰還対構成を用いることでピーキングによる高帯域側の特性改善を図る構成を採用した.実際の設計では,シミュレーションの最適化機能を利用して各帰還抵抗の値を調整をすることで帯域の平坦化を図っている.試作の結果,比帯域160%と良好な特性を得た. 
(英) Microwave Circuit Design Universiade 2016 supported by the Technical Committee on Microwave, IEICE, was held for a wideband amplifier design. To obtain a wideband characteristic in my design, two negative feed-back amplifiers were connected in cascade. in addition, to improve the upper cut-off characteristic, a peeking effect was applied by a series negative feed-back from the output of the second stage to the first stage. The parameters of the feed-back resistors were adjusted by an optimization function of the circuit simulator in the actual design. More than 160% fractional bandwidth was obtained on a fabricated amplifier.
キーワード (和) 広帯域 / 増幅器 / 負帰還 / 電圧帰還対 / / / /  
(英) Wideband amplifier / negative feed back / voltage feedback pair / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 486, MW2016-211, pp. 127-130, 2017年3月.
資料番号 MW2016-211 
発行日 2017-02-23 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MW ICD  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 岡山県立大学 
開催地(英) Okayama Prefectural Univ. 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-03-MW-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電圧帰還対を用いた二段広帯域負帰還増幅器の設計と試作評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Evaluation of Two Stage Wideband Negative Feedback Amplifier Using Voltage Feedback Pair 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広帯域 / Wideband amplifier  
キーワード(2)(和/英) 増幅器 / negative feed back  
キーワード(3)(和/英) 負帰還 / voltage feedback pair  
キーワード(4)(和/英) 電圧帰還対 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 啓人 / Hiroto Otsuka / オオツカ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 亮 / Ryo Ishikawa / イシカワ リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本城 和彦 / Kazuhiko Honjo / ホンジョウ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2016-211,IEICE-ICD2016-141 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.486(MW), no.487(ICD) 
ページ範囲 pp.127-130 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2017-02-23,IEICE-ICD-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会