電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 13:00
パケットリオーダリングがTCPに与える影響調査
福田 豊野林大起池永全志九工大SITE2016-60 IA2016-90
抄録 (和) 先行研究により,インターネットでは受信側に送信時とは異なる順番でパケットが到着するパケットリオーダリングが発生することが知られている.パケットリオーダリングによる重複ACK を受け取ると,TCP は輻輳によるパケット廃棄が生じたと判断して送信レートを下げるため,不必要にスループットが低下する.このパケットリオーダリングによるスループットの低下を改善するため,これまで多数の研究がなされてきたが,今後予想される短い周期で継続的なパケットリオーダリングが発生した場合の通信特性は,著者が知る限り調査されていない.例えば近年では遅延や消費電力など多様な要素を考慮した動的経路制御技術の研究開発が進んでおり,また無線端末において無線LAN やLTE 等の複数の無線メディアを利用可能であることから,次世代ネットワークでは同時を含む動的
なメディア/ 経路の利用が想定され,短い一定間隔で多数のパケットリオーダリングが発生するような状況が生じる可能性がある.そこで,本稿ではRTT 内外で一定の間隔で発生するパケットリオーダリングがTCP NewReno とCubic 対して及ぼす影響について調査し,輻輳制御アルゴリズムでどのような対応が必要となるのかを明らかにする. 
(英) The packet reordering in the short fixed period is considered in this paper. We believe that the data will be transmitted by dynamic and parallel ways in the near future, thus, it can cause the more frequent and periodical packet reordering. This leads to unnecessary retransmissions and throughput degradation in the TCP. There are many researches to improve the TCP performance with packet reordering, but considered reorder inter-
vals are based on the existing Internet measurement, and short and fixed reorder intervals caused by the flexible transmission schemes have not studied sufficiently. Therefore, in this paper, we vary the fixed reorder interval from under RTT to over RTT, and evaluate the communication performance of TCP NewReno and Cubic. From the simulation results, we show that the performance of TCP Cubic is highly affected by the packet reordering.
キーワード (和) TCP / Cubic / NewReno / packet reordering / / / /  
(英) TCP / Cubic / NewReno / packet reordering / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 491, IA2016-90, pp. 1-6, 2017年3月.
資料番号 IA2016-90 
発行日 2017-02-24 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2016-60 IA2016-90

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2017-03-03 - 2017-03-04 
開催地(和) カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) 
開催地(英) Culture Resort Festone (Okinawa) 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2017-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パケットリオーダリングがTCPに与える影響調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of TCP variants with Packet Reordering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(2)(和/英) Cubic / Cubic  
キーワード(3)(和/英) NewReno / NewReno  
キーワード(4)(和/英) packet reordering / packet reordering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 豊 / Yutaka Fukuda / フクダ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野林 大起 / Daiki Nobayashi / ノバヤシ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2016-60,IEICE-IA2016-90 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.490(SITE), no.491(IA) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2017-02-24,IEICE-IA-2017-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会