電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:10
SDN網における未知障害発生時の代替経路高速発見方式
松浦 匠東工大)・中山裕貴林 經正BOSCO)・山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークにおいて,サイレント故障と呼ばれる再現困難な未知障害の存在が知られている.このような障害からの復旧は迅速に行う必要があるが,サイレント故障の要因は多岐にわたるため,障害計測が困難であり,障害箇所の特定には時間を要する.そこで,本研究では,代替経路を用いた復旧において,必ずしも障害箇所を特定する必要はないことに着目し,柔軟な経路制御と任意区間計測を容易に可能とする,SDNの機能を利用した,高速な代替経路設定方式を提案する.複数のトポロジにおいて,計算機シミュレーションにより,提案方式が代替経路設定時間を削減可能であることを示し,適応領域について考察する. 
(英) In the network, the unknown failure which is hard to reproduce is well-known, and it is called silent failure.Although such a failure must be restored quickly. It is difficult and requires long time to identify the failure point, because there are many factors in a silent failure.In this paper, we suggest a method of high-speed alternate route configuration using an alternate route. We consider that identifing the failure point is not always necessary for the route restoration, and use functions of SDN which enables flexible route setting and measurement easily.We show that a proposed method can reduce alternative route setting time by computer simulation in different topologies, and consider the adaptation domain.
キーワード (和) 代替経路 / SDN / サイレント故障 / 障害復旧 / 品質劣化 / ネットワーク計測 / /  
(英) Alternative Route / SDN / Silent Failure / Failure Restoration / Qos Degradation / Network Mesurement / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-122, pp. 151-156, 2017年3月.
資料番号 IN2016-122 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SDN網における未知障害発生時の代替経路高速発見方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of Fast Detection of Alternative Route under Unknown Failure on SDN Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 代替経路 / Alternative Route  
キーワード(2)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(3)(和/英) サイレント故障 / Silent Failure  
キーワード(4)(和/英) 障害復旧 / Failure Restoration  
キーワード(5)(和/英) 品質劣化 / Qos Degradation  
キーワード(6)(和/英) ネットワーク計測 / Network Mesurement  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 匠 / Takumi Matsuura / マツウラ タクミ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 裕貴 / Hiroki Nakayama / ナカヤマ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 經正 / Tsunemasa Hayashi / ハヤシ ツネマサ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-122 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.151-156 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会