電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:30
WRR重み配分法における破棄フロー選択方式
野田 翔山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) フローごとに許容遅延が異なる環境下で,許容遅延内に処理されるパケット数を最大化する,既存のWRR重み配分法は,破棄フローの選択を考慮した,最適な重み配分が行われていない.一方で,貪欲法を用いた破棄フロー選択は,フローの本数が多い状況において,膨大な計算量となる.そこで本研究では,WRR 重み配分法において,貪欲法と比較して,より少ない計算量で,準最適な破棄フローを選択する,破棄フロー選択方式を提案した.そして,数値解析により,様々なトラヒック状況下における提案手法の有効性を調べた結果,既存のWRR重み配分法と比較して,より適切な破棄フロー選択を実現し,貪欲法に迫る,準最適な許容遅延内パケット処理性能を有することを示した. 
(英) Our conventional method, approaching to optimal WRR weight assignment method in delay-limited environment, does not consider the optimal WRR weight assignment in the situation that any flow needs to be rejected. On the other hands, the flow discarding method using greedy algorithm has large computational complexity. In this paper, we propose the flow discarding method which has less computational complexity than using greedy algorithm and selects suboptimal discarding flow sets. We confirmed that the proposed method was asymptotically effective for transmitting packets within the allowable delay to the flow discarding method using greedy algorithm.
キーワード (和) 許容遅延 / パケットスケジューリング / 破棄フロー / 計算量削減 / 緩和問題 / 二分探索 / /  
(英) allowable delay / packet scheduling / flow discard / complexity reduction / relaxation problem / binary search / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-123, pp. 157-162, 2017年3月.
資料番号 IN2016-123 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WRR重み配分法における破棄フロー選択方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Flow Discarding Method in WRR Weight Assignment Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 許容遅延 / allowable delay  
キーワード(2)(和/英) パケットスケジューリング / packet scheduling  
キーワード(3)(和/英) 破棄フロー / flow discard  
キーワード(4)(和/英) 計算量削減 / complexity reduction  
キーワード(5)(和/英) 緩和問題 / relaxation problem  
キーワード(6)(和/英) 二分探索 / binary search  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 翔 / Sho Noda / ノダ ショウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-123 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会