お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 15:30
複数プライマリ・ユーザ型コグニティブ無線における協調センシングのための通信機会を考慮したセカンダリ・ユーザ間グループ形成手法
西田知弘笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2016-244
抄録 (和) コグニティブ無線では,プライマリ・ユーザ(PU: Primary User)の周波数利用状況をセカンダリ・ユーザ(SU: Secondary User)が正しく検出できる必要がある.各SUが自身のみでセンシングを行う非協調センシングと比べて,SU間で協調センシングを行うことでPUの信号の検出確率を向上することができる.既存研究では,1~PU型コグニティブ無線における協調センシングのためのSU間グループ形成手法が提案されているが,実システムでは二つ以上のPUが存在する可能性がある.そこで本稿では,複数PU型コグニティブ無線における協調センシングのためのSU間グループ形成手法を提案する.2~PU環境を想定したシミュレーション評価により,提案手法を用いることで,非協調センシングと比べてPUのチャネルを利用できるSU~(Winning SU)の割合を改善できること,またWinning SUの総スループットを迅速に理論値付近まで達成できることを示す. 
(英) In cognitive radio networks, it is important for secondary users (SUs) to correctly detect whether the corresponding primary user (PU) uses its own wireless frequency channel. Collaborative spectrum sensing (CSS) among SUs can improve the PU detection probability compared with non-collaborative spectrum sensing, where each SU senses signal independently. In previous research, group formation of SUs for CSS in single-PU cognitive radio networks has been studied, however, it is often the case where more than one PU exists in network. In this paper, we propose group formation of SUs for CSS in multi-PU cognitive radio networks. Through simulation experiments with a two-PU scenario, we show that the proposed scheme can increase the number of SUs that can use PU’s channel, i.e., Winning SUs, compared with non-collaborative spectrum sensing. We also show that it can quickly achieve almost the maximum of total throughput of Winning SUs.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 協調センシング / グループ形成 / / / / /  
(英) Cognitive radio / Collaborative spectrum sensing / Group formation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-244, pp. 499-504, 2017年3月.
資料番号 NS2016-244 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-244

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数プライマリ・ユーザ型コグニティブ無線における協調センシングのための通信機会を考慮したセカンダリ・ユーザ間グループ形成手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission opportunity based group formation of secondary users for collaborative spectrum sensing in cognitive radio networks with multiple primary users 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) 協調センシング / Collaborative spectrum sensing  
キーワード(3)(和/英) グループ形成 / Group formation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 知弘 / Tomohiro Nishida / ニシダ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹部 昌弘 / Masahiro Sasabe / ササベ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 正治 / Shoji Kasahara / カサハラ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-244 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.499-504 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会