お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 11:20
P2P型動画共有システムにおけるクラスタ内動画プレフィックス共有手法
古本敦大藤本章宏内尾文隆和歌山大NS2016-209
抄録 (和) 従来のP2P 型動画配信システムではピアの急な離脱への耐性が不十分であり,ユーザの体感品質を大幅に劣化させる問題がある.そこで本研究では,離脱しにくい端末としてSet Top Boxを用いたスーパーノード型P2Pネットワークを構築し,配信システムの安定性について検証する.さらに,スーパーノードに同じ嗜好をもつピアを接続させることでクラスタを構築するとともに,クラスタ内で再生される動画をスーパーノードが予測し事前取得することで探索時間を改善しユーザの待ち時間の短縮を図る.さらに,計算機シミュレーションにより,ユーザが視聴の停止と再開を繰り返す環境における本手法の有効性を示す. 
(英) In the conventional P2P video sharing system, peers' leave degrade the stability of the P2P systems. As a result, users have to wait a long time to play back video contents. To deal with this problem, we propose a P2P video sharing system in which Set-Top-Boxes (STBs) work as peers, and validate its stability. In order to improve users' waiting times, the proposed system makes clusters from STBs based on users preferences and STBs share video prefixes within/between clusters. Simulation results demonstrate that the proposed system can improve users' waiting times even if users repeat join and leave.
キーワード (和) P2P / 動画共有 / SetTopBox / クラスタリング / ユーザの嗜好 / 待ち時間短縮 / /  
(英) P2P / Video Sharing / SetTopBox / Clustering / Users Preferences / Waiting Time Reduction / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-209, pp. 297-302, 2017年3月.
資料番号 NS2016-209 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-209

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) P2P型動画共有システムにおけるクラスタ内動画プレフィックス共有手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) In-cluster video prefix sharing in P2P video sharing system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(2)(和/英) 動画共有 / Video Sharing  
キーワード(3)(和/英) SetTopBox / SetTopBox  
キーワード(4)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(5)(和/英) ユーザの嗜好 / Users Preferences  
キーワード(6)(和/英) 待ち時間短縮 / Waiting Time Reduction  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古本 敦大 / Atsuhiro Furumoto / フルモト アツヒロ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 章宏 / Akihiro Fujimoto / フジモト アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内尾 文隆 / Fumitaka Uchio / ウチオ フミタカ
第3著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-209 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.297-302 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会