お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 13:40
ユーザQoE向上を目的とする脳内認知モデルを用いた動画像ストリーミングのレート制御手法
小南大智阪大)・岩井孝法下西英之NEC)・村田正幸阪大NS2016-221
抄録 (和) あらゆる情報を通信ネットワークを介して享受できる時代が近づく中、ユーザの求める様々な品質要求に対して、柔軟に対応できるネットワークの実現が望まれている。近年では、ユーザの体感品質(QoE; quality of experience)を向上する技術が重要視されており、これまで、ユーザの QoE を推定し、その向上を目指す研究が行われてきた。QoE は人の主観にもとづく指標であり、時々刻々と変化するため、ユーザの QoE を真に向上するためには、時々刻々と変化するユーザの QoE を把握し、その向上のために適切な制御をネットワーク側において行う必要がある。本稿では不確かな観測情報に基づく脳内の情報認知を模したベイジアンアトラクターモデルをQoE 推定に用いた。推定結果を動画像ストリーミングのレート制御に用いることで、ユーザ QoE の向上が可能であることを示した。 
(英) In the near future, we will be able to access to all sorts of information via information networks. Then, it is desired to realize a network control that can flexibly deal with various user requirements. Recently, quality of experience (QoE) for users is focused and various research has studied on the improvement of it. Since QoE is a subjective value, it changes from moment to moment. Therefore, in order to improve the QoE of users, it is essential to perform an appropriate control under uncertain user's QoE information. In this research, we use the Bayesian attractor model that simulates the information recognition based on uncertain observation in the human brain. We apply this model for estimating user QoE and the estmated QoE is used for a rate control of a video streaming application. We show that the proposed control method can choose an adequate video rate to improve user QoE under uncertain observation.
キーワード (和) ベイジアンアトラクターモデル / quality of experience / quality of service / MPEG DASH / / / /  
(英) Bayesian attractor model / quality of experience / quality of service / MPEG DASH / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-221, pp. 365-370, 2017年3月.
資料番号 NS2016-221 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-221

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザQoE向上を目的とする脳内認知モデルを用いた動画像ストリーミングのレート制御手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QoE enhancement for video streaming based on a human perceptual mechanism 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ベイジアンアトラクターモデル / Bayesian attractor model  
キーワード(2)(和/英) quality of experience / quality of experience  
キーワード(3)(和/英) quality of service / quality of service  
キーワード(4)(和/英) MPEG DASH / MPEG DASH  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小南 大智 / Daichi Kominami / コミナミ ダイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 孝法 / Takanori Iwai / イワイ タカノリ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 下西 英之 / Hideyuki Shimonishi / シモニシ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-221 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.365-370 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会