お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:10
Boidsの基本動作ルールに基づくドローン群の分割による障害物回避について
小畑絃太会田雅樹首都大東京IN2016-130
抄録 (和) 近年,様々なシーンでドローンの活用が期待されるようになっており,近い将来,ドローンを用いた宅 配サービスの実現なども期待されている.ドローンの市街地での運用にあたっては,墜落等の事故に対する安全対 策から,飛行ルートが河原等の定められた場所に限定されることが予想される.そのような状況では,狭い空間内 で多数のドローンを運用する必要があり,個々のドローンを別々に運用するのではなく,多数のドローンを群制御 する技術が求められる.このような群制御を実現する考え方の一つに,Reynolds の boids モデルがある.boids モ デルでは,エージェントの基本動作ルールを制御するパラメータによって,群れの大きさや構造が変化するという 特徴がある.これまでに,障害物の位置座標が既知である条件下で,個々のエージェントごとの判断によってエー ジェントの群れが障害物を回避する手法の研究がなされてきた.しかし,ドローンの群制御において,障害物の発 生の予測や位置座標の特定は必ずしも可能ではない.本稿では,障害物接近時に boids モデルのパラメータを意図 的に変更することで,群れの分割を誘導することで障害物の回避を目指す技術の基礎検討を行った. 
(英) Recently, we expect to utilize drones in various scenes, and delivery service by drones would be realized near future. In the operation of the drone in the urban area, it is expected that the flight route will be restricted to predetermined places such as on a river from safety measures against accidents such as crash. Under such situations, it is necessary to operate a large number of drones in a narrow space, and a technique for group control of a large number of drones is required rather than operating individual drones separately. One idea of realizing such group control is Reynolds’ boids model. In the boids model, the size and structure of the drones group changes according to the values of parameters in the basic operation rule of the agent. Conventional researches for avoiding obstacles have clarified that agent group can avoid obstacles by individual agent judgment under the condition that position of obstacles are known. However, it is not always possible to forecast the occurrence of obstacles and to specify the position of them. In this paper, by changing the parameters of the boids model at the time of approaching an obstacle, we show basic investigation for which the way to divide the drone group for avoiding obstacles.
キーワード (和) ドローン / ボイド / 自律分散制御 / / / / /  
(英) drone / boids / autonomous distributed control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-130, pp. 199-204, 2017年3月.
資料番号 IN2016-130 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-130

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Boidsの基本動作ルールに基づくドローン群の分割による障害物回避について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Obstacle Avoidance by Splitting a Group of Drones Based on Basic Operation Rules of Boids 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドローン / drone  
キーワード(2)(和/英) ボイド / boids  
キーワード(3)(和/英) 自律分散制御 / autonomous distributed control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 絃太 / Genta Obata / オバタ ゲンタ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 会田 雅樹 / Masaki Aida /
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-130 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.199-204 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会