電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 14:15
分散型フロー制御方式 DFC-BP+ の特性分析
榮川直貴片山 桂揚村昭太大崎博之関西学院大SITE2016-63 IA2016-93
抄録 (和) 本稿では、フロー単位の経路選択および利用可能帯域の割り当てを実現するフロー制御方式 DFC-BP+ (Distributed Flow Control with Backward Propagation Plus) の特性を分析する。DFC-BP+ は、下流ノードから上流ノードへの逆方向伝播を利用する事によりネットワーク全体のコストを小さく抑えることができる、自律分散型の (ホップ・バイ・ホップ型の) のフロー制御方式である。これまで、DFC-BP+ の有効性はシミュレーション実験によって調査されている。しかし、これらのシミュレーション実験は、ネットワーク中に単一のフローを収容した場合や、ネットワークトポロジが小規模もしくは規則的なものに限定されていた。本稿では、まず、定常状態における DFC-BP+ のフロー分配律および総ネットワークコストを解析的に求める。さらに、ランダムネットワーク上に複数のフローを収容した時の特性をシミュレーション実験により調査する。 
(英) In this paper, we investigate characteristics of a distributed and scalable flow control mechanism called DFC-BP+ (Distributed Flow Control with Backward Propagation Plus). DFC-BP+ is an autonomous and decentralized hop-by-hop flow control mechanism, which can minimize the total network cost utilizing the backward propagation from downstream nodes to upstream nodes. The effectiveness of DFC-BP+ has been investigated through simulations. However, those simulation experiments are limited to cases where only a single flow is accommodated in the network and where the network topology is either small or regular (i.e., grid topology). The contributions of this paper are twofold. First, we present steady state analysis of DFC-BP+, which derives the steady state characteristics such as flow distribution ratios and the total network cost for every flow. Second, we extensively examine the performance of DFC-BP+ under realistic scenarios where multiple competing flows are accommodated in both simple and complex networks.
キーワード (和) 自律分散型フロー制御自律分散型フロー制御 / DFC-BP+ (Distributed Flow Control with Backward Propagation Plus) / 定常状態解析 / フロー間の公平性 / 大規模ネットワーク / / /  
(英) Distributed Flow Control / DFC-BP+ (Distributed Flow Control with Backward Propagation Plus) / Steady State Analysis / Fairness among Flows / Large-Scale Network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 491, IA2016-93, pp. 19-24, 2017年3月.
資料番号 IA2016-93 
発行日 2017-02-24 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2016-63 IA2016-93

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2017-03-03 - 2017-03-04 
開催地(和) カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) 
開催地(英) Culture Resort Festone (Okinawa) 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2017-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 分散型フロー制御方式 DFC-BP+ の特性分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristic Analysis of Distributed Flow Control DFC-BP+ 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自律分散型フロー制御自律分散型フロー制御 / Distributed Flow Control  
キーワード(2)(和/英) DFC-BP+ (Distributed Flow Control with Backward Propagation Plus) / DFC-BP+ (Distributed Flow Control with Backward Propagation Plus)  
キーワード(3)(和/英) 定常状態解析 / Steady State Analysis  
キーワード(4)(和/英) フロー間の公平性 / Fairness among Flows  
キーワード(5)(和/英) 大規模ネットワーク / Large-Scale Network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 榮川 直貴 / Naoki Egawa / エガワ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 桂 / Kei Katayama / カタヤマ ケイ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 揚村 昭太 / Shota Agemura / アゲムラ ショウタ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大崎 博之 / Hiroyuki Ohsaki / オオサキ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2016-63,IEICE-IA2016-93 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.490(SITE), no.491(IA) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2017-02-24,IEICE-IA-2017-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会